お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-07 13:00
[ポスター講演]最小二乗法に基づくDual-Treeウェーブレット変換の設計法
清水喬文京地清介池原雅章慶大CAS2007-151 SIP2007-226 CS2007-116
抄録 (和) 本論文では,最小二乗法に基づくDual-Tree ウェーブレット変換の設計法を提案する.FIR フィルタを用いた有効な設計法として,全域通過フィルタに基づくものがある.しかしこの手法は,振幅特性を近似するフィルタの設計パラメータ数に制限があるため,最適な振幅特性を持つフィルタが設計できない欠点がある.また,半サンプル遅延条件の近似を低周波数の領域でしか近似できないという問題点も有している.この問題に対し,本提案法では,ヒルベルト変換対を与えるフィルタを最小二乗法を用いて設計することにより,自由度の高い設計が可能となる.本手法の設計の自由度の高さにより、従来の設計法を用いたものよりも良好な振幅特性・半サンプル遅延近似・方向選択性・シフト不変性を有するDual-Tree ウェーブレット変換の実現が可能となることを示す. 
(英) In this paper, we propose a novel design of dual-tree discrete wavelet transform based on least squares method. An effective design method based on allpass filter with FIR has proposed. However, this method holds two problems. First, optimal frequency characteristic cannot be realized due to the restriction of design parameters. Second, approximation of the half sample delay condition is restricted on low frequency. The proposed method can achieve the high design degrees of freedom by using least squares method. We show the method can design more effective dual-tree discrete wavelet transform than conventional one, in terms of sharpness of frequency characteristic and accuracy of half sample delay condition, directionality and shift-invariance, by simulations.
キーワード (和) Dual-Treeウェーブレット変換 / 半サンプル遅延条件 / 方向選択性 / シフト不変性 / 最小二乗法 / / /  
(英) Dual-Tree DWT / half sample delay condtion / directionality / shift invariance / least squares method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 529, SIP2007-226, pp. 113-117, 2008年3月.
資料番号 SIP2007-226 
発行日 2008-02-29 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2007-151 SIP2007-226 CS2007-116

研究会情報
研究会 CS SIP CAS  
開催期間 2008-03-06 - 2008-03-07 
開催地(和) 山口大学 常盤キャンパス 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2008-03-CS-SIP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最小二乗法に基づくDual-Treeウェーブレット変換の設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A design of dual-tree discrete wavelet transform based on least squares method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Dual-Treeウェーブレット変換 / Dual-Tree DWT  
キーワード(2)(和/英) 半サンプル遅延条件 / half sample delay condtion  
キーワード(3)(和/英) 方向選択性 / directionality  
キーワード(4)(和/英) シフト不変性 / shift invariance  
キーワード(5)(和/英) 最小二乗法 / least squares method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 喬文 / Takafumi Shimizu / シミズ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 京地 清介 / Seisuke Kyochi / キョウチ セイスケ
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池原 雅章 / Masaaki Ikehara / イケハラ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-07 13:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2007-151,IEICE-SIP2007-226,IEICE-CS2007-116 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.527(CAS), no.529(SIP), no.531(CS) 
ページ範囲 pp.113-117 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2008-02-29,IEICE-SIP-2008-02-29,IEICE-CS-2008-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会