電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-07 17:00
セル間干渉を低減する送信帯域依存型巡回シフト系列を用いたパイロット信号生成方法
小川佳彦松下電器)・高田智史岩井 敬パナソニックモバイル開発研)・今村大地平松勝彦松下電器)・宮 和行パナソニックモバイル開発研RCS2007-243
抄録 (和) 3GPP E-UTRAの上り回線では,アクセス方式にSC-FDMA(Single-Carrier Frequency Division Multiplexing Access)が,パイロット信号に巡回シフトZC(Zadoff-Chu)系列が採用された.巡回シフトZC系列はZC系列に時間領域の巡回シフトを施した直交系列である.E-UTRAシステムの上り回線はユーザ毎に割当帯域の異なるFDMA方式を採用するため,周波数リユース=1を実現するには送信帯域がセル間で部分的に重なる場合がある.このとき,巡回シフトZC系列間の直交性が崩れ,系列間干渉が発生する.そこで,部分的に重なるサブキャリアに同一の巡回シフト系列の要素番号を割り当てることにより,系列間干渉を低減する送信帯域依存型巡回シフトZC系列を提案する.具体的には,フレームタイミング同期が確立するセル間で共通の基準サブキャリアを設定し,その基準サブキャリアから巡回シフトZC系列の要素番号とサブキャリアを1対1にマッピングする.そして,計算機シミュレーションにより,提案方式が従来方式と比較してパイロット信号による伝搬路推定の精度を向上でき,受信性能を約4dB改善できることを示す. 
(英) SC-FDMA(Single-Carrier Frequency Division Multiplexing Access) for the access method and the cyclic shift ZC(Zadoff Chu) sequence for the pilot signal are employed in 3GPP E-UTRA Uplink. The cyclic shift ZC sequence is the orthogonal sequence which shifted ZC sequence cyclically in time domain. In E-UTRA system, the uplink employs FDMA method which allocates the different transmission band to each UE (User equipment). So, there are cases when the frequency bands among cells are overlapped partially assuming that the frequencies reuse is 1. At this time, the orthogonality of them is collapsed and the interference among sequences occurs. Therefore we propose a frequency dependent cyclic shift sequence, which can reduce the interference among sequences by allocating the same index of the cyclic shift sequence to the overlapped sub-carrier. In details, the common sub-carrier among cells with synchronization of the frame timing is set, and the relation between the index of the cyclic shift sequence and the sub-carrier are mapped 1 to 1. Simulation evaluation shows the proposed method can improve the estimation accuracy and improve the receiver performance by 4dB compared to conventional method.
キーワード (和) 巡回シフト系列 / 送信帯域オフセット / 基準サブキャリア / セル間干渉 / FDMA / パイロット信号 / 上り回線 /  
(英) Cyclic Shift Sequence / Band offset / Base sub-carrier / Inter-cell interference / FDMA / Pilot Signal / Uplink /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 518, RCS2007-243, pp. 341-346, 2008年3月.
資料番号 RCS2007-243 
発行日 2008-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2007-243

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR WBS  
開催期間 2008-03-05 - 2008-03-07 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2008-03-RCS-AN-MoMuC-SR-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セル間干渉を低減する送信帯域依存型巡回シフト系列を用いたパイロット信号生成方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pilot signal generation scheme using frequency dependent cyclic shift sequence for inter-cell interference reduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 巡回シフト系列 / Cyclic Shift Sequence  
キーワード(2)(和/英) 送信帯域オフセット / Band offset  
キーワード(3)(和/英) 基準サブキャリア / Base sub-carrier  
キーワード(4)(和/英) セル間干渉 / Inter-cell interference  
キーワード(5)(和/英) FDMA / FDMA  
キーワード(6)(和/英) パイロット信号 / Pilot Signal  
キーワード(7)(和/英) 上り回線 / Uplink  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 佳彦 / Yoshihiko Ogawa / オガワ ヨシヒコ
第1著者 所属(和/英) 松下電器産業株式会社 (略称: 松下電器)
Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. (略称: Matsushita)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 智史 / Tomohumi Takata / タカタ トモフミ
第2著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PMCRD)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 敬 / Takashi Iwai / イワイ タカシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PMCRD)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 大地 / Daichi Imamura / イマムラ ダイチ
第4著者 所属(和/英) 松下電器産業株式会社 (略称: 松下電器)
Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. (略称: Matsushita)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 勝彦 / Katsuhiko Hiramatsu / ヒラマツ カツヒコ
第5著者 所属(和/英) 松下電器産業株式会社 (略称: 松下電器)
Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. (略称: Matsushita)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮 和行 / Kazuyuki Miya / ミヤ カズユキ
第6著者 所属(和/英) 株式会社パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PMCRD)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-07 17:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2007-243 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.518 
ページ範囲 pp.341-346 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2008-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会