電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-06 09:20
FMC環境下でのリアルタイム通信におけるメディア同期方式
田坂和之今井尚樹磯村 学井戸上 彰KDDI研
抄録 (和) 我々は,移動通信と固定通信を融合したFMC (Fixed Mobile Convergence)環境下での多種多様な端末や通信網を用いたリアルタイム通信サービスを想定してきた.音声や映像などのメディアがそれぞれ異なる通信網を経由して異なる端末へ送信される場合,通信帯域や遅延の差によって,メディアの到着時間が変動する.結果,それらのメディアの生成時の時間関係が維持されずに出力される同期はずれが発生し,メディアの出力品質を低下させる.そこで本稿では,異種端末間でメディアの出力時刻を交換し,メディアの出力時刻を同期することで,リアルタイム通信におけるメディアの出力品質の低下を抑制するメディア同期方式を示す. 
(英) We target the real-time communication using various terminals and networks in FMC (Fixed mobile convergence) environment. In this environment, the arrival time of media such as audio and video fluctuates by difference of the communication band and data delay when each media passes differential communication network. As a result, media synchronization is out of step because it becomes difficult to maintain time relation of media creation. This causes deterioration in media quality. Therefore, in this paper, we propose the media synchronization method for real-time communication in FMC environment. In this method, each terminal sends and receives output time of media and synchronizes output time of media.
キーワード (和) メディア同期 / リアルタイム通信 / FMC / SIP / ユビキタスアプリケーション / / /  
(英) media synchronization / real-time communication / FMC / SIP / ubiquitous application / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 525, IN2007-173, pp. 85-90, 2008年3月.
資料番号 IN2007-173 
発行日 2008-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2008-03-06 - 2008-03-07 
開催地(和) 万国津梁館(沖縄) 
開催地(英) Bankoku Shinryokan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FMC環境下でのリアルタイム通信におけるメディア同期方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Media Synchronization Method for Real-Time Communication in Fixed Mobile Convergence (FMC) Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メディア同期 / media synchronization  
キーワード(2)(和/英) リアルタイム通信 / real-time communication  
キーワード(3)(和/英) FMC / FMC  
キーワード(4)(和/英) SIP / SIP  
キーワード(5)(和/英) ユビキタスアプリケーション / ubiquitous application  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田坂 和之 / Kazuyuki Tasaka / タサカ カズユキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 尚樹 / Naoki Imai / イマイ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯村 学 / Manabu Isomura / イソムラ マナブ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Lab)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井戸上 彰 / Akira Idoue / イドウエ アキラ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Lab)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-06 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-173 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.525 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2008-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会