お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-05 15:15
高速移動高速IP転送実現に向けたポーリング主体のマイクロセル統一網
山田喬彦ファン タン ホア山下 聖和泉智之奥村 崇立命館大RCS2007-200
抄録 (和) 本稿では、移動体マルチメディア通信の本格化を想定し、豊富な無線資源を利用でき、かつ高速の移動体にも円滑なパケット転送ができるマイクロセル統合網を報告している。マイクロセルは人口密度の高い地域向きのネットワークであり、このネットワークをMM-MAN(Mobile Multimedia Metropolitan Area Network)と名付けた。無線インタフェースについては各種の可能性があるが、上位層から見ればパケットの転送が成功するか、失敗するかに単純化して割り切れることを前提にネットワーク側からの報告である。内容はマイクロセル統合化の有効性、MM-MANの想定サービス、マイクロセル方式の課題、マイクロセル高頻度ハンドオーバーへの対処法、マイクロセル制御量の規模増大に対応する制御の分散化、局所的な負荷増大に敏感なマイクロセル方式の輻輳対策法である。 
(英) This paper presents a unified micro-cellular network named MM-MAN (Mobile Multimedia Metropolitan Area Network). Micro-cellular networks are considered to be deployed in metropolitan area where the population is high. The studies has been conducted from the view of the network, and focused on the layer above the physical layer which can present success or failure for each packet transfer. It includes advantages of the unified micro-cellular network, service prospects to the unified micro-cellular entwork, problems of the micro-cellular network, the countermeasures of the frequent handover disturbing smooth packet transfer to fast terminals, distribution of the packet transfer and mobility control processing to allow the scalability of system capacity, and the means to overcome the local congestions which easily happens in micro-cellular networks.
キーワード (和) マイクロセル / 高速移動端末 / パケット転送 / IP / ポーリング / / /  
(英) Micro-cellular network / Fast terminal / Packet transfer / IP / Polling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 518, RCS2007-200, pp. 85-90, 2008年3月.
資料番号 RCS2007-200 
発行日 2008-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2007-200

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR WBS  
開催期間 2008-03-05 - 2008-03-07 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2008-03-RCS-AN-MoMuC-SR-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速移動高速IP転送実現に向けたポーリング主体のマイクロセル統一網 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A unified micro-cellular network supporting high bit rate IP transfer to fast terminals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロセル / Micro-cellular network  
キーワード(2)(和/英) 高速移動端末 / Fast terminal  
キーワード(3)(和/英) パケット転送 / Packet transfer  
キーワード(4)(和/英) IP / IP  
キーワード(5)(和/英) ポーリング / Polling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 喬彦 / Takahiko Yamada / ヤマダ タカヒコ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ファン タン ホア / Phan Thanh Hoa / ファン タン ホア
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 聖 / Satoshi Yamashita / ヤマシタ サトシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 智之 / Tomoyuki Izumi / イズミ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 崇 / Takashi Okumura / オクムラ タカシ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-05 15:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2007-200 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.518 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2008-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会