お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-04 09:55
セキュアなソフトウェア開発を実現するセキュアソフト工学の提案
斉藤典明小田 哲宮澤俊之知加良 盛川村 亨金井 敦NTTSS2007-71
抄録 (和) 最近のソフトウェア開発では、開発スパンが短くなっているにもかかわらず、セキュリティ意識の高まりからセキュアなソフトウェアを効率的に開発することが急務になっている。セキュリティホール、脆弱性という脅威を捕らえるには、攻撃者の存在、モジュールの組み合わせによって増減する、開発後に新たな脅威が発見される、という特徴を考慮する必要がある。その上でセキュアなソフトウェア開発への取り組みの必要性を提案する。 
(英) At the recent software design and development, a necessity of the security is increasing, though a developing term is short. Therefore, there is an expectation to develop a new method which is enable to develop software in secure and efficient. We noted characteristics of the threat which is called security hole or vulnerabilities such as; it is generated by the existence of some attackers, the strongness is changed by the combination of software modules, and the strongness will increases after time is passing. We discuss a necessity of the Secure Software Engneering based on the three characteristic in this paper.
キーワード (和) ソフトウェア開発手法 / セキュリティ / 脆弱性分析 / / / / /  
(英) Software Engineering / Security / Vulnerability Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 505, SS2007-71, pp. 85-90, 2008年3月.
資料番号 SS2007-71 
発行日 2008-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2007-71

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2008-03-03 - 2008-03-04 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2008-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セキュアなソフトウェア開発を実現するセキュアソフト工学の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of The Secure Software Engineering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア開発手法 / Software Engineering  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(3)(和/英) 脆弱性分析 / Vulnerability Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 典明 / Noriaki Saito / サイトウ ノリアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 哲 / Satoshi Oda / オダ サトシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮澤 俊之 / Toshiyuki Miyazawa / ミヤザワ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 知加良 盛 / Sakae Chikara / チカラ サカエ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 亨 / Toru Kawamura / カワムラ トオル
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 敦 / Atsushi Kanai / カナイ アツシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-04 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2007-71 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.505 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2008-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会