電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-03 16:05
アマゾンバグ防止フレームワークのためのWebアプリケーション双実行モデル
水野良太今井敬吾末次 亮金子伸幸名大)・山本晋一郎愛知県立大)・阿草清滋名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,アマゾンバグと呼ばれる現象の発生を検出し,対処する手法のためのモデルを提案する.既存のWebアプリケーションにおけるアマゾンバグの対策は,「戻る」ボタンを無効化する方法が一般的である.しかし,そのような対策ではユーザビリティが低下する.そのため,よりユーザに配慮した対策が望まれる.
本研究では,Webアプリケーションのセッションをセッション変数の変更と表示に着目してモデル化し,モデル上の性質としてアマゾンバグを定義する.モデルに基づいて,Webアプリケーションの実行時にアマゾンバグを検出し,対策を行う手法を提案する. 
(英) In this paper, we propose a model for a method that detects and handles phenomenon called Amazon-Bug runtime. To prevent the Amazon-Bug on existing web applications, ``Back'' buttons are disabled. However, such answers lead to low usability. It is required to handle ``Back'' button in more user-friendly way.
We define a model for sessions of web applications focusing on modifications and displays of session variables, and define an Amazon-Bug property based on our model. We propose a method to detect the Amazon-Bug and to handle it runtime.
キーワード (和) アマゾンバグ / Webアプリケーション / 「戻る」ボタン / / / / /  
(英) Amazon bug / Web application / Back button / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 505, SS2007-67, pp. 61-66, 2008年3月.
資料番号 SS2007-67 
発行日 2008-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2008-03-03 - 2008-03-04 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2008-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アマゾンバグ防止フレームワークのためのWebアプリケーション双実行モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Web Application Bi-Execution Model for a Framework Preventing Amazon-Bug 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アマゾンバグ / Amazon bug  
キーワード(2)(和/英) Webアプリケーション / Web application  
キーワード(3)(和/英) 「戻る」ボタン / Back button  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 良太 / Ryota Mizuno / ミズノ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 敬吾 / Keigo Imai / イマイ ケイゴ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末次 亮 / Ryo Suetsugu / スエツグ リョウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 伸幸 / Nobuyuki Kaneko / カネコ ノブユキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 晋一郎 / Shinichiro Yamamoto / ヤマモト シンイチロウ
第5著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿草 清滋 / Kiyoshi Agusa / アグサ キヨシ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-03 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2007-67 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.505 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2008-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会