電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-03 16:30
MDA体系に沿ったGUIモデル変換手法
迎田 宙岩田 一早大)・白銀純子東京女子大)・深澤良彰早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,MDAと呼ばれるソフトウェア開発体系が注目を集めている.しかし,モデルによるGUIの設計方法が確立されていないため,モデル記述の段階からユーザビリティを考慮した設計を行うことは難しい.従ってMDAによってGUIを生成しても,ユーザビリティを向上させるためには,自動生成されたソースコードに大幅な変更を直接加える必要が生じてしまうため,実装の保守性や移植容易性が損なわれる恐れがあり,MDAの長所が必ずしも活かされない.そこで本研究では,設計段階からユーザビリティを考慮できるように,UMLによるGUIの記述方法,およびその記述を用いてMDA体系に沿ったモデルの変換方法を提案する. 
(英) Model Driven Architecture(MDA) is currently focused. In MDA, it is difficult to design the usability aware system on the modeling phase because methods of designing Graphical User Interface in the model are not proposed. So, merits of MDA such as maintainability and portability will not be obtained efficiently because the developer should modify the source code directly even if he generates GUI by MDA. Thus, this paper proposes the method of designing usability aware GUI by Unified Modeling Language(UML) and the method of transforming the model along the MDA.
キーワード (和) Model Driven Architecture / ユーザビリティ / アクティビティ図 / インタラクション / / / /  
(英) Model Driven Architecture / Usability / Activity diagram / interaction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 505, SS2007-68, pp. 67-72, 2008年3月.
資料番号 SS2007-68 
発行日 2008-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2008-03-03 - 2008-03-04 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2008-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MDA体系に沿ったGUIモデル変換手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method for GUI Model Transformation in MDA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Model Driven Architecture / Model Driven Architecture  
キーワード(2)(和/英) ユーザビリティ / Usability  
キーワード(3)(和/英) アクティビティ図 / Activity diagram  
キーワード(4)(和/英) インタラクション / interaction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 迎田 宙 / Hiroshi Mukaeda / ムカエダ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Wasedan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 一 / Hajime Iwata / イワタ ハジメ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Wasedan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白銀 純子 / Junko Shirogane / シロガネ ジュンコ
第3著者 所属(和/英) 東京女子大学 (略称: 東京女子大)
Tokyo Woman's Christian University (略称: TWCU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 深澤 良彰 / Yoshiaki Fukazawa / フカザワ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Wasedan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-03 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2007-68 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.505 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2008-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会