お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-02-29 11:10
T-Codeを用いた乱数検定手法の構成法について
濱野健二山本博資東大IT2007-55 ISEC2007-152 WBS2007-86
抄録 (和) T-Codeを用いた新しい乱数検定手法を提案する.
T-Codeは,Mark Titchenerによって1984年に提案された自己同期する可変長符号である.T-decompositionと呼ばれる変換により,系列とT-Codeとを対応させて,系列をT-prefixと呼ばれる部分系列に分解することができる.これらの部分系列は,系列に対応するT-Codeを再帰的に生成するアルゴリズムのパラメータになっている.本検定は,これらの部分系列の個数(T-complexity)に基づく.
更に,系列の先頭から順にT-prefixを決定するT-decompositionの方法と,木構造を利用した効率の良いアルゴリズムを提案する.このアルゴリズムは,T-decompositionの計算時間を削減し,本検定の計算時間を実用的にしている.また,本検定の妥当性は,T-complexity,P値等の経験分布によって確かめられている. 
(英) We propose a new randomness test based on T-Codes.
T-Codes are variable-length self-synchronization codes introduced by Mark Titchener in 1984. A given sequence is related to a T-Code set by T-decomposition, and it is decomposed into sub-sequences called T-prefixes which are a series of parameters obtained by a recursive construction algorithm of the T-Code set. In our test, the number of the sub-sequences called T-complexity is used.
Furthermore, we propose a new T-decomposition, which can determine the T-prefixes from the beginning to the end of a sequence, and an efficient algorithm of the new T-decomposition by using a tree structure. Reducing the computation time of the T-decomposition, this algorithm makes our new test suitable for practical use in the sense of computational complexity. The validity of our test is also verified by the empirical distribution of T-complexity and P-value.
キーワード (和) 乱数検定 / T-Code / T-decomposition / NIST SP800-22 / Lempel-Ziv圧縮検定 / 複雑度 / /  
(英) randomness test / T-Code / T-decomposition / NIST SP800-22 / Lempel-Ziv compression test / complexity / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 499, IT2007-55, pp. 43-50, 2008年2月.
資料番号 IT2007-55 
発行日 2008-02-22 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2007-55 ISEC2007-152 WBS2007-86

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2008-02-28 - 2008-02-29 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2008-02-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) T-Codeを用いた乱数検定手法の構成法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of Randomness Testing Based on T-Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 乱数検定 / randomness test  
キーワード(2)(和/英) T-Code / T-Code  
キーワード(3)(和/英) T-decomposition / T-decomposition  
キーワード(4)(和/英) NIST SP800-22 / NIST SP800-22  
キーワード(5)(和/英) Lempel-Ziv圧縮検定 / Lempel-Ziv compression test  
キーワード(6)(和/英) 複雑度 / complexity  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱野 健二 / Kenji Hamano / ハマノ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 博資 / Hirosuke Yamamoto /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-02-29 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2007-55,IEICE-ISEC2007-152,IEICE-WBS2007-86 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.499(IT), no.501(ISEC), no.503(WBS) 
ページ範囲 pp.43-50 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2008-02-22,IEICE-ISEC-2008-02-22,IEICE-WBS-2008-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会