お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-02-29 10:20
定常無記憶通信路における疎行列を用いた通信路符号,情報源・通信路結合符号,およびユニバーサル符号の構成
三宅茂樹村松 純NTTIT2007-53 ISEC2007-150 WBS2007-84
抄録 (和) 必ずしも加法的な雑音とは限らない一般の定常無記憶通信路に対して,
疎行列を用いることによって通信路符号を構成する.
ここで構成された通信路符号は以下の顕著な性質を持つ.
1. 情報源・通信路結合符号: 疎行列を用いて構成される有歪符号と
組み合わせることによってブロック符号からなる通常の系よりも単純な符号を構成できる.
2. ユニバーサル符号: 構成された符号はある基準の下でユニバーサル性を持つ. 
(英) A channel code is constructed using sparse matrices for stationary memoryless
channels that do not necessarily have a symmetric property like a binary
symmetric channel.
It is also shown that the constructed code has the following remarkable
properties:
1.Joint source-channel coding: Combining with lossy source code,
which is also constructed by sparse matrices, a simpler joint source-channel code can be constructed than that constructed by the ordinary block code.
2.Universal coding: The constructed channel code has a universal property
under a specified condition.
キーワード (和) 疎行列 / 定常無記憶通信路信路符号 / 情報源・通信路結合符号 / ユニバーサル通信路符号 / / / /  
(英) sparse matrices / stationary memoryless channel / joint source-channel coding / universal channel coding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 499, IT2007-53, pp. 29-36, 2008年2月.
資料番号 IT2007-53 
発行日 2008-02-22 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2007-53 ISEC2007-150 WBS2007-84

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2008-02-28 - 2008-02-29 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2008-02-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 定常無記憶通信路における疎行列を用いた通信路符号,情報源・通信路結合符号,およびユニバーサル符号の構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Construction of Channel Code, Joint Source-Channel Code, and Universal Code for Arbitrary Stationary Memoryless Channels using Sparse Matrices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 疎行列 / sparse matrices  
キーワード(2)(和/英) 定常無記憶通信路信路符号 / stationary memoryless channel  
キーワード(3)(和/英) 情報源・通信路結合符号 / joint source-channel coding  
キーワード(4)(和/英) ユニバーサル通信路符号 / universal channel coding  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 茂樹 / Shigeki Miyake / ミヤケ シゲキ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 純 / Jun Muramatsu /
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-02-29 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2007-53,IEICE-ISEC2007-150,IEICE-WBS2007-84 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.499(IT), no.501(ISEC), no.503(WBS) 
ページ範囲 pp.29-36 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2008-02-22,IEICE-ISEC-2008-02-22,IEICE-WBS-2008-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会