お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-02-28 16:55
周波数領域等化と時空間ブロック符号化を備えたシングルキャリヤ伝送方式
宮崎真一郎山崎彰一郎職能開発大)・河野隆二横浜国大IT2007-47 ISEC2007-144 WBS2007-78
抄録 (和) シングルキャリヤ伝送方式は,周波数領域等化(Frequency-Domain Equalizing:FDE)において,直交周波数分割多重(Orthogonal Frequency Division Multiplexing:OFDM)方式よりも送信電力の振幅変動が小さいという面で優れている.また送信ダイバーシチを達成する時空間ブロック符号化(Space-Time Block Coding: STBC)がシングルキャリヤ伝送に応用されている.本稿では,伝送効率を劣化させることなく,受信機側でDFTの点数に自由度を持たせることで性能を改善する手法を提案する.計算機シミュレーションにより,従来手法からのBER特性改善を明らかにする. 
(英) A single career transmission method with frequency domain equalization is excellent in respect that the amplitude variability of transmitting power is smaller than that of orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) method . Moreover, STBC that achieves transmission diversity is applied to the single career transmission. In this paper, it proposes the technique for improving the performance by increasing the number of DFT on the receiver side without deteriorating the transmission efficiency. The BER characteristic improvement is clarified by the computation simulation.
キーワード (和) 周波数領域等化 / 時空間ブロック符号 / 送信ダイバーシチ / / / / /  
(英) Frequency-Domain Equalizing / FDE / Space-Time Block Coding / STBC / Transmit Diversity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 502, WBS2007-78, pp. 95-98, 2008年2月.
資料番号 WBS2007-78 
発行日 2008-02-21 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2007-47 ISEC2007-144 WBS2007-78

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2008-02-28 - 2008-02-29 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2008-02-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域等化と時空間ブロック符号化を備えたシングルキャリヤ伝送方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Single-Carrier Transmission Method with Frequency-Domain Equalizing and Space-Time Block Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency-Domain Equalizing  
キーワード(2)(和/英) 時空間ブロック符号 / FDE  
キーワード(3)(和/英) 送信ダイバーシチ / Space-Time Block Coding  
キーワード(4)(和/英) / STBC  
キーワード(5)(和/英) / Transmit Diversity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 真一郎 / Shinichiro Miyazaki / ミヤザキ シンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University (略称: Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 彰一郎 / Shoichiro Yamasaki / ヤマサキ ショウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University (略称: Polytechnic Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆二 / Ryuji Kohno / コウノ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-02-28 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2007-47,IEICE-ISEC2007-144,IEICE-WBS2007-78 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.498(IT), no.500(ISEC), no.502(WBS) 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2008-02-21,IEICE-ISEC-2008-02-21,IEICE-WBS-2008-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会