お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-02-18 13:55
表示スクリーンの大きさと距離の知覚が感性的効果に及ぼす影響に関する検証
郭 素梅凸版印刷)・小黒久史凸版印刷/宇都宮大)・鈴木直哉高橋慶文佐藤美恵阿山みよし春日正男宇都宮大ITS2007-49 IE2007-232
抄録 (和) 表示スクリーンの大きさや視距離が映像の感性的効果に強く影響することが報告されている.本研究では,携帯映像端末などの小型近距離の鑑賞条件にも着目して,視距離やサイズを変化させた場合の,迫力感や臨場感などの各種印象の変化を感性評価実験によって測定した.その結果,画面サイズと視距離は,映像コンテンツの内容や印象評価語によっても傾向の異なる影響をもたらすことと,実距離を固定にし輻輳角を変化させて,距離の知覚を変えることで,実の視距離変化と同様の効果をもたらすことが示された. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 感性評価 / 視距離 / 視差情報 / 画面サイズ / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 486(ITS), 488(IE), ITS2007-49, IE2007-232, pp. 79-84, 2008年2月.
資料番号  
発行日 2008-02-11 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2007-49 IE2007-232

研究会情報
研究会 ITE-HI ITE-AIT ITE-ME IE ITS  
開催期間 2008-02-18 - 2008-02-19 
開催地(和) 北海道大学大学院 情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information Science and Technology Hokkaido Univ 
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般 
テーマ(英) Image Processings for ITS, Image Information and Television Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-AIT 
会議コード 2008-02-HI-CG-ME-IE-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 表示スクリーンの大きさと距離の知覚が感性的効果に及ぼす影響に関する検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Influence of Screen-Size and Perceptual Depth on Emotional Effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感性評価 /  
キーワード(2)(和/英) 視距離 /  
キーワード(3)(和/英) 視差情報 /  
キーワード(4)(和/英) 画面サイズ /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 郭 素梅 / Sumei Guo / グオ スメイ
第1著者 所属(和/英) 凸版印刷株式会社 (略称: 凸版印刷)
Toppan Printing Co.,LTD. (略称: Toppan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小黒 久史 / Hisashi Oguro / オグロ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 凸版印刷株式会社 (略称: 凸版印刷/宇都宮大)
Toppan Printing Co.,LTD. (略称: Toppan)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 直哉 / Naoya Suzuki / スズキ ナオヤ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 慶文 / Yoshifumi Takahashi / タカハシ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿山 みよし / Miyoshi Ayama / アヤマ ミヨシ
第6著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 正男 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第7著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-02-18 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-AIT 
資料番号 IEICE-ITS2007-49,IEICE-IE2007-232 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.486(ITS), no.488(IE) 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2008-02-11,IEICE-IE-2008-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会