お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-02-07 13:25
高度BSデジタル放送用多値変調方式における最適OBO値の検討
小島政明鈴木陽一橋本明記筋誡 久田中祥次木村武史正源和義NHKAP2007-167
抄録 (和) NHKでは現行のBSデジタル放送方式(ISDB-S)より伝送容量の増大を図った高度BSデジタル放送伝送方式を提案している.本方式では,LDPC(Low Density Parity Check)符号の導入とロールオフ率の見直しで,現行BSデジタル放送方式と比較して30%程度の伝送容量の増加が見込まれる.さらに,従来のPSK変調に追加して16APSKおよび32APSKも検討している.これらの変調方式では,変調シンボルが異なる半径をもつ同心円上に配置され,符号化率ごとに同心円間の半径比を適切に選ぶことで高効率化を図っている.衛星伝送においては,非線形増幅の影響による伝送特性の劣化を軽減するためにAPSKなどの多値変調方式を用いる場合はTWTA(Traveling Wave Tube Amplifier)のバックオフが必要となる.本稿では,16APSKおよび32APSKにおいて符号化率ごとに,衛星送信出力を最大限有効に利用するという観点で,最適な出力バックオフを伝送実験により検討したので報告する. 
(英) NHK is studying the advanced satellite broadcasting system which aims to increase transmission capacity more than that of the present satellite broadcasting system (ISDB-S). In this advanced system, we expect to increase transmission capacity by approximately 30% by adopting LDPC (Low Density Parity Check) codes and reduced roll-off factor. We are also considering 16APSK and 32APSK in addition to the present PSK modulation schemes. In these modulation schemes, modulated symbols are mapped on concentric circles which have the different radii. In this advanced system, we reported that transmission efficiency could be increased by selecting the optimum radii of 16APSK and 32APSK for each coding rate. On the other hand, TWTA (Traveling Wave Tube Amplifier) is needed to work in the quasi-linear operating region when using APSK because of non-linear amplification in satellite transmissions. In this paper, we report the study on Optimum OBO (Output-Back-Off) of 16APSK and 32APSK for each coding rate by indoor transmission experiments with respect to the most efficient use of the limited transmission power of a satellite.
キーワード (和) 高度BSデジタル放送 / ISDB-S / LDPC / 16APSK / 32APSK / 符号化率 / 非線形増幅 / TWTA  
(英) Advanced Satellite Broadcasting System / ISDB-S / LDPC / 16APSK / 32APSK / coding rate / Non-linear Amplification / TWTA  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 479, AP2007-167, pp. 23-28, 2008年2月.
資料番号 AP2007-167 
発行日 2008-01-31 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2007-167

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2008-02-07 - 2008-02-07 
開催地(和) NHK技研 
開催地(英) NHK 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2008-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高度BSデジタル放送用多値変調方式における最適OBO値の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Optimum OBO of Multi-level Modulation Schemes for the advanced Satellite Broadcasting System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高度BSデジタル放送 / Advanced Satellite Broadcasting System  
キーワード(2)(和/英) ISDB-S / ISDB-S  
キーワード(3)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(4)(和/英) 16APSK / 16APSK  
キーワード(5)(和/英) 32APSK / 32APSK  
キーワード(6)(和/英) 符号化率 / coding rate  
キーワード(7)(和/英) 非線形増幅 / Non-linear Amplification  
キーワード(8)(和/英) TWTA / TWTA  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 政明 / Masaaki Kojima / コジマ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yoichi Suzuki / スズキ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 明記 / Akinori Hashimoto / ハシモト アキノリ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 筋誡 久 / Hisashi Sujikai / スジカイ ヒサシ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 武史 / Takeshi Kimura / キムラ タケフミ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 正源 和義 / Kazuyoshi Shogen / ショウゲン カズヨシ
第7著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-02-07 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2007-167 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.479 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2008-01-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会