お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-02-01 09:20
非線形量子化にもとづく音声コーデックにおけるロスレスステガノグラフィの一手法
青木直史北大NLP2007-141
抄録 (和) 本研究では,G.711におけるロスレス方式のステガノグラフィについて検討している.G.711は非線形量子化にもとづく音声コーデックであり,IP電話をはじめとする音声通信システムの基本コーデックとして幅広く利用されている.提案法はG.711の特徴を利用することで,音声データの品質を劣化させずに秘匿情報を埋め込むことができる手法となっている.本稿では,提案法の原理について説明した後,提案法のキャパシティについて述べる. 
(英) This study proposes a technique of lossless steganography for G.711, the most common codec for digital speech communications systems such as VoIP. The proposed technique exploits the characteristics of G.711 for embedding steganogram information without degradation. This paper shows the capacity of the proposed technique.
キーワード (和) ステガノグラフィ / G.711 / VoIP / / / / /  
(英) steganography / G.711 / VoIP / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 478, NLP2007-141, pp. 1-4, 2008年1月.
資料番号 NLP2007-141 
発行日 2008-01-25 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-141

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2008-01-31 - 2008-02-01 
開催地(和) 北海道大学学術交流会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2008-01-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形量子化にもとづく音声コーデックにおけるロスレスステガノグラフィの一手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Lossless Steganography Technique for Speech Codec Based on Nonlinear Quantization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステガノグラフィ / steganography  
キーワード(2)(和/英) G.711 / G.711  
キーワード(3)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 直史 / Naofumi Aoki / アオキ ナオフミ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-02-01 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-141 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2008-01-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会