お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-31 17:05
格子状に結合された発振器にみられる現象の解析と応用について
山根 卓井元健夫山内将行広島工大NLP2007-138
抄録 (和) 月の動き,ホタルの集団発光,流行や噂などの人による同期現象,このように我々の生活の周りでは数多くの同期現象が見られる。また,同期現象の解明に数多くの分野において,研究が報告されており,多くの研究者の興味を引く分野であるといえる。本研究では,van der Pol 発振器を格子状にインダクタで結合し,隣接した発振器間の位相差の伝搬現象について,各発振器の結合係数,及び非線形の強度を変化させて観察,及び解析を詳細に行った。
また位相波同士の衝突時に発生する現象について観察を行う。さらに,それらの回路を利用し,外部から時系列波形を入力し,各発振器の結合係数,非線形の強度及び外部との結合係数を変化させ,外部からの時系列波形に模倣した波形を合成する。 
(英) A lot of kinds of synchronization phenomena are observed in this nature world. For example, the revolution and the rotation of the moon, emissions of a lot of firefly and rumor synchronize. A lot of researches are carried out in many fields because a lot of researchers are interested for synchronization phenomena. In this study, we investigate some phenomena which are observed on a system that van der Pol oscillators are coupled by inductors as a lattice. The phenomena propagating phase differences is observed. We call the phenomenon as “phase-waves.” The phase-waves are observed while coupling parameters and nonlinear parameters are changed, The phenomena are classified into three patterns. We investigate some phenomena of the collision between two phase-waves when phase-waves are generated at the two corners, Further, we develop the new system generating arbitrary waveform using these circuits. A time-series waveform from the outside is entered into edge oscillators through inductors. A waveform imitating the time-series waveform is made by changing coupling and nonlinear parameters.
キーワード (和) 結合発振器 / 同期現象 / 位相差 / / / / /  
(英) coupled oscillators / synchronization phenomenon / phase difference / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 477, NLP2007-138, pp. 51-56, 2008年1月.
資料番号 NLP2007-138 
発行日 2008-01-24 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-138

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2008-01-31 - 2008-02-01 
開催地(和) 北海道大学学術交流会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2008-01-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 格子状に結合された発振器にみられる現象の解析と応用について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation and Application of the Phenomena in Coupled Oscillators as a Lattice 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 結合発振器 / coupled oscillators  
キーワード(2)(和/英) 同期現象 / synchronization phenomenon  
キーワード(3)(和/英) 位相差 / phase difference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 卓 / Suguru Yamane / ヤマネ スグル
第1著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: Hiroshima I T)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井元 健夫 / Takeo Imoto / イモト タケオ
第2著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: Hiroshima I T)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 将行 / Masayuki Yamauchi / ヤマウチ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: Hiroshima I T)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-31 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-138 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2008-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会