お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-29 10:45
3モードVCSELにおける光帰還による直交偏光基本モードの発現と変位
仁井大輔伊藤 宝西尾謙三粟辻安浩裏 升吾京都工繊大)・金高健二産総研PN2007-58 OPE2007-166 LQE2007-144 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2007-166 LQE2007-144
抄録 (和) 帰還光の偏光および光強度分布を変化させた場合の,3モードVCSELの光強度プロファイルの変化を観察した.用いたVCSELは,帰還光が無い場合には,優勢な基本モードおよび偏光が直交する1次モードの2つのモードでレーザ発振する.光帰還は,帰還光と直交する偏光の発振モードを抑圧し,同方向偏光の発振モードを増大することを確認した.また,基本モード光の偏光を90度回転させて帰還させた場合,元来の基本モードが減少し,偏光が直交する新たな基本モードが現れた.この新たな基本モードは,帰還位置をVCSEL中央からその偏光軸に沿って変化させると,帰還光位置で発振することが観察された. 
(英) The optical intensity profiles of VCSEL emissions were observed while the polarization and intensity distribution of the feedback light were varied simultaneously. The dominant fundamental mode and the cross-polarized first-order mode oscillated in the absence of the optical feedback. Feedback light reduced the mode of orthogonal polarization and enhanced the mode of parallel polarization. The original fundamental mode was reduced and a new fundamental mode of the other polarization emerged under an optical feedback with 90-degree polarization rotation. It was also observed that the new fundamental mode oscillated at the feedback-light position.
キーワード (和) 光帰還 / 垂直共振器型面発光レーザ / 発振制御 / 発光位置 / 偏光 / 発振モード / /  
(英) Optical Feedback / Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser / Oscillation Control / Emitting Position / Polarization / Oscillating Mode / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 466, LQE2007-144, pp. 117-122, 2008年1月.
資料番号 LQE2007-144 
発行日 2008-01-21 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2007-58 OPE2007-166 LQE2007-144 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2007-166 LQE2007-144

研究会情報
研究会 EMT LQE OPE PN  
開催期間 2008-01-28 - 2008-01-29 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶・ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2008-01-EMT-LQE-OPE-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3モードVCSELにおける光帰還による直交偏光基本モードの発現と変位 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Emergence of new fundamental mode oscillating at feedback-light position in three-mode VCSEL 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光帰還 / Optical Feedback  
キーワード(2)(和/英) 垂直共振器型面発光レーザ / Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser  
キーワード(3)(和/英) 発振制御 / Oscillation Control  
キーワード(4)(和/英) 発光位置 / Emitting Position  
キーワード(5)(和/英) 偏光 / Polarization  
キーワード(6)(和/英) 発振モード / Oscillating Mode  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仁井 大輔 / Daisuke Nii / ニイ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 宝 / Chikara Ito / イトウ チカラ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 謙三 / Kenzo Nishio / ニシオ ケンゾウ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟辻 安浩 / Yasuhiro Awatsuji / アワツジ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 裏 升吾 / Shogo Ura / ウラ ショウゴ
第5著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 金高 健二 / Kenji Kintaka / キンタカ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-29 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-PN2007-58,IEICE-OPE2007-166,IEICE-LQE2007-144 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.464(PN), no.465(OPE), no.466(LQE) 
ページ範囲 pp.117-122 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2008-01-21,IEICE-OPE-2008-01-21,IEICE-LQE-2008-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会