お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-26 15:25
複合慣性センサを用いた周波数解析による膝不安定性定量化システム
川野圭朗小橋昌司兵庫県立大)・津森洋平兵庫医科大)・柴沼 均神戸海星病院)・今脇節朗石川病院)・八木正義吉矢晋一畑 豊兵庫医科大MI2007-147
抄録 (和) ACL (anterior cruciate ligament; 前十字靭帯) 損傷により生じる膝の回旋不安定性の評価手法として,主にpivot shift testが用いられる.同検査方法は簡便でACL損傷の程度と相関があり,今後の治療方針の決定に有用な指標であるが,同検査法は検者の主観的評価に基づいており,客観性,定量性が低いという問題点を有する.本研究では,小型で高時間分解能な慣性センサを用いた非拘束膝回旋不安定性定量化システムを提案する.同提案システムは,pivot shift test時の大腿部,下腿部運動を計測した時系列データの周波数解析により大腿-下腿の相対加速度を求めることで,pivot shift test現象の定量化を行う.本システムをACL損傷例1例に対して適用した結果,同時撮影したビデオ画像との比較により,pivot shift現象を正しく検出できたことを確認した.また,pivot shift現象時の大腿部に対する下腿部の相対運動の最大加速度は2.19±0.69 m/s^2であり,検者の主観的評価であるGrade値との相関も示唆された. 
(英) The pivot shift test has been performed to assess the instability of the knee caused by ACL (anterior cruciate ligament) injuries. In previous reports, evaluations of the test have correlated with degrees of ACL injuries, and the test has been used for deciding treatment policy. However, the test depends on the clinician’s subjective feeling. In this study, intelligent IMU sensors, which can measure time-series data of accelerations, angular velocities and earth magnetisms simultaneously, has been introduced into evaluating pivot shift test. The proposed method quantifies the pivot shift phenomenon as relative accelerations of the shank region by using time-frequency analysis. In the result of applying this method to the ACL injured subject, pivot shift phenomenon was detected correctly in comparison with video images taken simultaneously, the mean value of the maximum accelerations was 2.19±0.69 m/s^2, and the correlation was indicated with grade values based on the clinician’s subjective feeling.
キーワード (和) 慣性センサ / 周波数解析 / 膝関節 / 前十字靱帯 / 動態解析 / / /  
(英) Inertial measurement unit / Frequency analysis / Knee joint / Anterior cruciate ligament / Kinematics analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 461, MI2007-147, pp. 457-462, 2008年1月.
資料番号 MI2007-147 
発行日 2008-01-18 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2007-147

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2008-01-25 - 2008-01-26 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tenbusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2008-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複合慣性センサを用いた周波数解析による膝不安定性定量化システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantitative evaluation of Knee Instability using Intelligent IMU sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 慣性センサ / Inertial measurement unit  
キーワード(2)(和/英) 周波数解析 / Frequency analysis  
キーワード(3)(和/英) 膝関節 / Knee joint  
キーワード(4)(和/英) 前十字靱帯 / Anterior cruciate ligament  
キーワード(5)(和/英) 動態解析 / Kinematics analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川野 圭朗 / Keiro Kawano / カワノ ケイロウ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小橋 昌司 / Syoji Kobashi / コバシ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 津森 洋平 / Yohei Tsumori / ツモリ ヨウヘイ
第3著者 所属(和/英) 兵庫医科大学 (略称: 兵庫医科大)
Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo College of Med.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴沼 均 / Nao Shibanuma / シバヌマ ナオ
第4著者 所属(和/英) 神戸海星病院 (略称: 神戸海星病院)
Kobe Kaisei Hospital (略称: Kobe Kaisei Hospital)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今脇 節朗 / Seturo Imawaki / イマワキ セツロウ
第5著者 所属(和/英) 石川病院 (略称: 石川病院)
Ishikawa Hospital (略称: Ishikawa Hospital)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 正義 / Masayoshi Yagi / ヤギ マサヨシ
第6著者 所属(和/英) 兵庫医科大学 (略称: 兵庫医科大)
Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo College of Med.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉矢 晋一 / Shinichi Yoshiya / ヨシヤ シンイチ
第7著者 所属(和/英) 兵庫医科大学 (略称: 兵庫医科大)
Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo College of Med.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 豊 / Yutaka Hata / ハタ ユタカ
第8著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫医科大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-26 15:25:00 
発表時間 10 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2007-147 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.457-462 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2008-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会