お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-25 11:20
[技術展示]広帯域無線信号の一括光伝送による放送・通信の融合に関する研究
東野武史塚本勝俊小牧省三阪大)・熊本和夫安川交二阪工大)・稲垣恵三ATRMoMuC2007-89 USN2007-82
抄録 (和) 次世代のネットワークとして研究開発されているヘテロジニアスネットワークを実現する方法として,ユー
ザの目的に合わせてネットワークが柔軟に構成される「ソフトウェア無線ネットワーク (Software Definable Radio
Network : SDRN)」が提案されている.SDRN では,ユーザとバックボーンネットワーク (IP 網) の間に光ファイバ
無線 (Radio-on-Fiber : RoF) によるエントランスリンクを用いることが特徴である.これにより,異なった電波形式
の複数のサービスを 1 つのインフラを用いて提供できるため,放送・通信融合サービスが可能である.本展示では,
SDRN による放送・通信融合のサービスとそのアプリケーションを紹介する. 
(英) The feature of a “ software definable radio network ”is to be able to offer a common infrastructure to
a number of services by using the RoF network together with a “ software definable radio gateway ”where the RF
signal ’s format is translated. In this presentation, we will introduce the concept of the integration of broadcasting
and communication, and recent research about it. First, we will explain the concept and features of a “ software
definable radio network ”. Next, this exhibision displays our recent research to solve problems in above: 1) dynam-
ic-range improvement by suppression of nonlinear distortion which occurs at electric to optic conversion cause of
optical modulator ’s nonlinearity, 2) realization of high-flexibility network with optical code division multiplexing,
3) inter-connection scheme in heterogeneous network (heterogeneous RF signals).
キーワード (和) 光ファイバ無線 / wireless over IP / ソフトウェア無線ネットワーク / ソフトウェア無線ゲートウェイ / / / /  
(英) radio on fiber / wireless over IP / software definable radio network / software definable radio gateway / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, 2008年1月.
資料番号  
発行日 2008-01-17 (MoMuC, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2007-89 USN2007-82

研究会情報
研究会 USN CQ MoNA  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 浜松アクトシティ研修交流センター 
開催地(英) Kenshu Kouryu Center, Actcity Hamamatsu (Shizuoka) 
テーマ(和) アプリケーション品質,モバイルP2P,ユビキタスネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク,一般 
テーマ(英) Application quality, Mobile P2P, Ubiquitous networks, Ad hoc networks, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2008-01-USN-CQ-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域無線信号の一括光伝送による放送・通信の融合に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Convergence of Broadcasting and Communication by Broadband Signals on Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ無線 / radio on fiber  
キーワード(2)(和/英) wireless over IP / wireless over IP  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア無線ネットワーク / software definable radio network  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア無線ゲートウェイ / software definable radio gateway  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 勝俊 / Katsutoshi Tsukamoto / ツカモト カツトシ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小牧 省三 / Shozo Komaki / コマキ ショウゾウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊本 和夫 / Kazuo Kumamoto / クマモト カズオ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka institute of tecnology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安川 交二 / Koji Yasukawa / ヤスカワ コウジ
第5著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka institute of tecnology (略称: OIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲垣 恵三 / Keizo Inagaki / イナガキ ケイゾウ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 エイ・ティ・アール (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-25 11:20:00 
発表時間 270 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2007-89,IEICE-USN2007-82 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.446(MoMuC), no.447(USN) 
ページ範囲 pp.93-94(MoMuC), pp.109-110(USN) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MoMuC-2008-01-17,IEICE-USN-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会