お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-25 14:55
60GHz帯の屋内マルチパス伝搬特性の測定
トラン ハオ ゴク亀田 卓中瀬博之高木 直坪内和夫東北大SR2007-81
抄録 (和) オーディオ・ビジュアル機器などのディジタル家電を無線ネットワークで結び、非圧縮ハイビジョン動画を送信する場合、伝送速度は1.5Gbps以上が要求される.このような超高速無線通信システムを実現するために、周波数帯域を十分に確保できる 60GHz 帯の活用が重要である.本研究では独自に開発した60GHz帯送受信システムを用いて、60GHz帯の屋内マルチパス伝搬特性を測定した.最小遅延時間分解能は0.25nsであった.測定結果から、マルチパスの角度に対する広がりはアンテナ放射形状に強く依存することがわかった.また、マルチパスを分離できることもわかった.さらに、レイトレーシング結果との比較を行い、ほぼ一致することを示した. 
(英) Connecting audio and visual digital consumer-electronic by wireless network to transmit uncompress high-definition video, the transmission rate is required to be over 1.5Gbps. 60GHz band is one expected method to realize this high speed wireless system. In this paper, indoor multipath propagation characteristics at 60GHz were measured. The highest time-delay resolution was 0.25nsec. The measurement results showed that, amplitudes and arrival angles of multipath were strongly depended on antenna radiation pattern. The multipath were separable. The measurement results were similar to simulation results using the ray tracing method.
キーワード (和) 60GHz / 屋内マルチパス / レイトレーシング / / / / /  
(英) 60GHz / indoor multipath / ray tracing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 452, SR2007-81, pp. 95-100, 2008年1月.
資料番号 SR2007-81 
発行日 2008-01-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-81

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 立山プリンスホテル(長野県大町市) 
開催地(英) Tateyama Prince hotel (Ohmachi city, Nagano prefecture) 
テーマ(和) ソフトウェア無線・コグニティブ無線の応用・展開,パネル討論,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2008-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 60GHz帯の屋内マルチパス伝搬特性の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of Indoor Propagation Characteristics at 60GHz 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 60GHz / 60GHz  
キーワード(2)(和/英) 屋内マルチパス / indoor multipath  
キーワード(3)(和/英) レイトレーシング / ray tracing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) トラン ハオ ゴク / Tran Hao Ngoc /
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中瀬 博之 / Hiroyuki Nakase / ナカセ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-25 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-81 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会