お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-25 15:30
OSS実行履歴を用いた業務プロセス改善支援ツールの実現
井上 晃小笠原志朗土川公雄NTTTM2007-51
抄録 (和) 企業間の競争激化に伴い,リードタイム短縮,運用コスト削減に向けた業務プロセス管理の重要性が認識されている.業務プロセス管理では,取り巻く環境を含めて業務実態を正確に把握し,問題点およびその原因を究明し,適切に改善するという工程を行う.さらに,業務を取り巻く環境は一定ではなく,業務は常に変化するため,この工程を継続的に実施することが求められる.しかしながら,業務実態の正確な把握には,専門的な知識と多くの労力,時間が必要であり,継続的な実施は困難である.これに対し,本稿では業務で利用されている業務支援システムに蓄積されている実行履歴(システムログ)を利用することにより,業務実態把握を効率的に支援する業務プロセス改善支援ツールについて報告する.本ツールは実行履歴から業務の進め方を定性的に推測し,可視化分析する機能や,さまざまな分析要求レベルと評価指標に柔軟に対応できる統計分析機能を提供することにより,業務実態を客観的・定量的に把握できる.また,対象業務に依存する部分と共通部を分離したアーキテクチャであり、分析対象業務に対して汎用的であるという特徴がある.最後に,本ツールを複数の実業務の実態把握に適用し,把握結果の妥当性および汎用的アーキテクチャの有効性を検証する. 
(英) As the competitions between companies intensifying, it becomes more important to provide services promptly and at a low price. Business Process Management (BPM) has been recognized to be important for the reduction of lead times and operation expenditure. BPM involves four steps as understanding actual business process, analyzing inefficiencies and their causes, exploring solutions, and applying the best solution to the actual business. It is indispensable to carry out these BPM steps continuously because the condition of actual business varies on their environments. Understanding actual business process precisely, however, needs expert knowledge and enormous efforts, and takes a long period. This paper reports the business process optimization support tools which realize efficient understanding of actual business process by using operation logs of operation support systems. The tools provide two functions. One is to infer business process qualitatively based on operations logs, to visualize the process and to analyze the process. The other is to understand the business process objectively and quantitatively by offering the statistical analysis functions that can flexibly correspond to a variety of analysis demand levels and the evaluation indices. The tools adopt general architecture that separates the common part and the part that depends on the target business. This paper also verifies the validity of the understanding result and effectiveness of the general architecture by applying the tools to the two real businesses.
キーワード (和) 業務プロセス管理 / BPM / 業務支援システム / BPR / 実行履歴 / / /  
(英) Business Process Management / BPM / OSS / Operation Logs / Business Process Reeggineering / BPR / Operation Support Systems /  
文献情報 信学技報, vol. 107, 2008年1月.
資料番号  
発行日 2008-01-17 (TM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TM2007-51

研究会情報
研究会 LOIS ICM IA  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 崇城大学(熊本市) 
開催地(英) Sojo Univ. (Kumamoto) 
テーマ(和) インターネット,アプリケーション及び一般 
テーマ(英) Internet,Application,etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2008-01-OIS-TM-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OSS実行履歴を用いた業務プロセス改善支援ツールの実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Business Process Optimization Support Tools based on Operation Logs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 業務プロセス管理 / Business Process Management  
キーワード(2)(和/英) BPM / BPM  
キーワード(3)(和/英) 業務支援システム / OSS  
キーワード(4)(和/英) BPR / Operation Logs  
キーワード(5)(和/英) 実行履歴 / Business Process Reeggineering  
キーワード(6)(和/英) / BPR  
キーワード(7)(和/英) / Operation Support Systems  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 晃 / Akira Inoue / イノウエ アキラ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 志朗 / Shiro Ogasawara / オガサワラ シロウ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土川 公雄 / Kimio Tsuchikawa / ツチカワ キミオ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-25 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-TM2007-51 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TM-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会