お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-25 16:10
2 fLO局発切り替え方式 コグニティブ無線用 低送信スプリアスSiGe-MMIC送受信ダイレクトコンバータ
堤 恒次小野間史樹小出 純上杉美喜夫末松憲治三菱電機)・原田博司NICTSR2007-84
抄録 (和) マルチモードシステムによるコグニティブ無線のRF部には,マルチバンド/マルチモード特性が求められている.マルチモード特性を保ちつつマルチバンド特性を得るときの課題として,変調器出力での低送信スプリアス化が挙げられる.本報告では,TDD,FDDの両モードに対応するためのLO信号切り替え回路を2倍波信号(2$f_{LO}$)で構成し,送信系,受信系に分配した後に分周してそれぞれのLO信号を生成する構成を提案する.分周器の特性を利用したこの方法により,従来構成に比べて,FDDモード時の最大送信スプリアスの離調周波数を2倍にできることを示す.試作したコグニティブ無線用MMICを用いた実測でも,送信スプリアスが抑圧されており,この構成の有効性を確認した. 
(英) An RF-IC for multi-mode cognitive wireless system is required multi-band / multi-mode characteristics. One of the difficult issues for multi-band / multi-mode RF-IC is to lower the Tx spurious. In this paper, 2$f_{LO}$ LO switching configuration is proposed for low Tx spurious characteristics. Theoretically, this configuration doubles offset frequency of adjacent Tx spurious in FDD mode, compared to the conventional configuration. The direct conversion transceiver MMIC using 2fLO LO switching configuration is fabricated in 0.18m SiGe-BiCMOS process. Measured results show a high accurate modulation characteristics over 400M-6GHz, and low Tx spurious characteristics in FDD mode.
キーワード (和) コグニティブ無線 / ダイレクトコンバージョン / 送受信MMIC / アイソレーション / FDD / TDD / /  
(英) Cognitive Radio / Direct conversion / SiGe-MMIC / isolation / FDD / TDD / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 452, SR2007-84, pp. 115-120, 2008年1月.
資料番号 SR2007-84 
発行日 2008-01-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-84

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 立山プリンスホテル(長野県大町市) 
開催地(英) Tateyama Prince hotel (Ohmachi city, Nagano prefecture) 
テーマ(和) ソフトウェア無線・コグニティブ無線の応用・展開,パネル討論,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2008-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2 fLO局発切り替え方式 コグニティブ無線用 低送信スプリアスSiGe-MMIC送受信ダイレクトコンバータ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Low Spurious SiGe-MMIC Direct Conversion Transceiver for Cognitive Radio Using 2 fLO LO Switching Configuration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) ダイレクトコンバージョン / Direct conversion  
キーワード(3)(和/英) 送受信MMIC / SiGe-MMIC  
キーワード(4)(和/英) アイソレーション / isolation  
キーワード(5)(和/英) FDD / FDD  
キーワード(6)(和/英) TDD / TDD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堤 恒次 / Koji Tsutsumi / ツツミ コウジ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野間 史樹 / Fumiki Onoma / オノマ フミキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 純 / Jun Koide / コイデ ジュン
第3著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上杉 美喜夫 / Mikio Uesugi / ウエスギ ミキオ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第5著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-25 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-84 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会