お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-25 15:20
ETC料金所用リアルタイム電波伝搬測定装置の開発
金 ミンソク高田潤一東工大)・安藤哲雄相馬隆治高速道路総研SR2007-82
抄録 (和) ETC料金所における実信号を用いたリアルタイムの多重到来波分離測定システムの開発を行ったので,そのハードウェア構成,測定原理,信号処理の概要に関して報告する.本システムは,ETCレーンを閉鎖せず,ETC基地局から実際に発射される電波を用いて,測定車により移動しながら測定可能である.空間的な電力分布の測定を行なうばかりでなく,多重到来波を分離して各到来波の散乱過程と強度を推定するものである. 
(英) In the early deployment of electric toll collecting system (ETC), multipath interference has caused the malfunction of the system. Therefore, radio absorbers are installed in the toll gate to suppress the scattering. This paper presents a novel radio propagation measurement system to identify the scattering intensity of each individual propagation path of the ETC gate in real time.
キーワード (和) ETC / 多重波伝搬 / リアルタイム測定 / / / / /  
(英) ETC / multipath propagation / realtime measurement / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 452, SR2007-82, pp. 101-107, 2008年1月.
資料番号 SR2007-82 
発行日 2008-01-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-82

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 立山プリンスホテル(長野県大町市) 
開催地(英) Tateyama Prince hotel (Ohmachi city, Nagano prefecture) 
テーマ(和) ソフトウェア無線・コグニティブ無線の応用・展開,パネル討論,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2008-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ETC料金所用リアルタイム電波伝搬測定装置の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Real-Time Propagation Measurement System for Electric Toll Collecting System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ETC / ETC  
キーワード(2)(和/英) 多重波伝搬 / multipath propagation  
キーワード(3)(和/英) リアルタイム測定 / realtime measurement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 ミンソク / Minseok Kim / キム ミンソク
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 哲雄 / Tetsuo Ando / アンド テツオ
第3著者 所属(和/英) 高速道路総合技術研究所 (略称: 高速道路総研)
Nippon Expressway Research Institute Co. Ltd. (略称: NEXCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 相馬 隆治 / Ryuji Soma / ソウマ リュウジ
第4著者 所属(和/英) 高速道路総合技術研究所 (略称: 高速道路総研)
Nippon Expressway Research Institute Co. Ltd. (略称: NEXCO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-25 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-82 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.101-107 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会