お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-24 15:30
複数センサ間のTDOA/FDOAを利用する非同期測位法
高林佑樹松崎貴史亀田洋志系 正義三菱電機SANE2007-110
抄録 (和) 複数のセンサで受信した電波の到来時間差を用いて,目標を測位する方式は,単一センサによる測位に比べて精度が測角精度に影響されない特長を持つ.しかし,従来の測位方式では,同一時刻に得られる各センサ組の観測値が測位に必要な数に満たない場合,測位不能となる.そのため,測位後,目標追尾する場合,測位結果が得られずに追尾に移行できない問題がある.この解決策として,目標が等速直線運動するとの仮定の下に,異なる時刻に得られた各センサ組の観測値を用いて逐次最小2乗法により,追尾開始に必要な初期状態ベクトルを推定する非同期測位法を提案する.本方法は,観測値が非同期に得られる状況でも目標の状態ベクトルを推定することが可能であるため,早期追尾開始が期待できる.また計算機シミュレーションにより提案方法の性能評価を行った結果,提案方法は従来の測位法と比較して早期追尾開始を可能とした. 
(英) This paper proposes a target positioning algorithm using asynchronous TDOA(Time Difference of Arrival) and FDOA(Frequency Difference of Arrival) measurements for a single target in a distributed sensor network. A conventional algorithm, target localization through TDOA measurements cannot estimate target position when the number of TDOA measurements is not enough for localization at the same time. Our algorithm uses TDOA and FDOA measurements at the different time to compute the position and velocity estimates. Through computer simulation trials, the validity of our algorithm is examined.
キーワード (和) レーダ / 目標追尾 / 電波到来時間差 / 電波到来周波数差 / 追尾初期化 / 測位 / センサネットワーク /  
(英) Radars / Tracking / TDOA / FDOA / Track Initialization / Localization / Sensor Network /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 442, SANE2007-110, pp. 49-54, 2008年1月.
資料番号 SANE2007-110 
発行日 2008-01-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2007-110

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2008-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数センサ間のTDOA/FDOAを利用する非同期測位法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Positioning Using Asynchronous TDOA/FDOA Measurements in the Distributed Sensor Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レーダ / Radars  
キーワード(2)(和/英) 目標追尾 / Tracking  
キーワード(3)(和/英) 電波到来時間差 / TDOA  
キーワード(4)(和/英) 電波到来周波数差 / FDOA  
キーワード(5)(和/英) 追尾初期化 / Track Initialization  
キーワード(6)(和/英) 測位 / Localization  
キーワード(7)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高林 佑樹 / Yuki Takabayashi / タカバヤシ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 貴史 / Takashi Matsuzaki / マツザキ タカシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 洋志 / Hiroshi Kameda / カメダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 系 正義 / Masayoshi Ito / イト マサヨシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-24 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2007-110 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.442 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会