電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-24 10:45
署名系列の符号情報を用いたスミア画像電子透かし法
金岡 徹宇戸寿幸大上健二愛媛大SIP2007-136 RCS2007-139
抄録 (和) 本論文では,署名系列の符号情報を用いたスミア画像電子透かし法を提案する.本手法は,署名系列の符号情報を署名情報とすることで,埋め込み可能な署名情報量を増大させる.また,署名情報をウェーブレット変換により生成したダイナミックレンジの小さな領域に埋め込むことにより高品質な署名埋め込み画像を生成する.さらに,署名情報の検出時には同期加算を用いることにより高い署名検出率を実現する.計算機実験により,画像の品質を落とすことなく,埋め込み可能な署名情報量を増大させた署名埋め込み画像を生成することができることを示す. 
(英) We propose a smear transform digital image watermarking based on sign information.This method increases amount of embedded information using sign information of signatures.It improves quality of watermark images by embedding signatures to areas where dynamic range is reduced by wavelet transform.This method has a high signature rate of detection due to synchronous addition when detect signatures.In the computer experiment, the proposed method increases amount of embedded information without losing the quality of watermark images.
キーワード (和) 電子透かし / スミア変換 / 符号情報 / ウェーブレット変換 / / / /  
(英) Digital Watermarking / Smear Transform / Sign Information / Wavelet Transform / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 438, SIP2007-136, pp. 31-36, 2008年1月.
資料番号 SIP2007-136 
発行日 2008-01-17 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2007-136 RCS2007-139

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 広島市大 
開催地(英) Hiroshima City Uni. 
テーマ(和) 無線QoS,無線リソース制御,アドホックネットワーク,信号処理,無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2008-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 署名系列の符号情報を用いたスミア画像電子透かし法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Smear Transform Digital Image Watermarking Based on Sign Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / Digital Watermarking  
キーワード(2)(和/英) スミア変換 / Smear Transform  
キーワード(3)(和/英) 符号情報 / Sign Information  
キーワード(4)(和/英) ウェーブレット変換 / Wavelet Transform  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金岡 徹 / Toru Kaneoka / カネオカ トオル
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇戸 寿幸 / Toshiyuki Uto / ウト トシユキ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大上 健二 / Kenji Ohue / オオウエ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-24 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2007-136,IEICE-RCS2007-139 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.438(SIP), no.440(RCS) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2008-01-17,IEICE-RCS-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会