お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-24 15:45
触覚を利用した遠隔教育システムにおける重要度を考慮した誤り制御方式
藤浦豊徳黒川陽一石橋 豊名工大CQ2007-89
抄録 (和) 本報告では,指導者が遠隔地にいる学習者に力覚を伝えながら文字や図形の描き方を教示する,触覚を利用した遠隔教育システムを対象とし,重要度を考慮した誤り制御方式を適用する.その方式は,運筆が速い場合の位置情報を含むメディアユニット(MU)を重要なMU とみなし,そのMUに対してのみ,誤り制御を行う.誤り制御には,各MUを2度送信するReplication,XOR演算やリードソロモン符号を用いたFEC (Forward Error Correction)などを採用する.そして,実験により,重要度を考慮したReplication が,わずかなトラヒック量の増加で,メディアの出力品質を高く維持できることを示す. 
(英) In this report, we apply error control schemes based on importance to remote haptic instruction systems in which an instructor trains a learner at a remote location how to write characters or draw figures while conveying the sense of force. The schemes carry out error control only over important media units (MUs) which include the position information in the case where the speed of the brush stroke is faster than a threshold value. For the error control, we adopt Replication, which sends each MU twice, Forward Error Correction (FEC) with XOR calculation or Reed-Solomon coding, and so on. By experiment, we demonstrate that Replication based on importance can keep the media output quality high at the expense of slight increase of the traffic amount.
キーワード (和) 遠隔教育システム / 触覚メディア / 誤り制御 / 実験 / / / /  
(英) Remote instruction system / Haptic media / Error control / Experiment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 445, CQ2007-89, pp. 49-54, 2008年1月.
資料番号 CQ2007-89 
発行日 2008-01-17 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2007-89

研究会情報
研究会 USN CQ MoNA  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 浜松アクトシティ研修交流センター 
開催地(英) Kenshu Kouryu Center, Actcity Hamamatsu (Shizuoka) 
テーマ(和) アプリケーション品質,モバイルP2P,ユビキタスネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク,一般 
テーマ(英) Application quality, Mobile P2P, Ubiquitous networks, Ad hoc networks, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2008-01-USN-CQ-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 触覚を利用した遠隔教育システムにおける重要度を考慮した誤り制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Error control schemes based on importance in remote haptic instruction systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔教育システム / Remote instruction system  
キーワード(2)(和/英) 触覚メディア / Haptic media  
キーワード(3)(和/英) 誤り制御 / Error control  
キーワード(4)(和/英) 実験 / Experiment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤浦 豊徳 / Toyonori Fujiura / フジウラ トヨノリ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 陽一 / Youichi Kurokawa / クロカワ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 豊 / Yutaka Ishibashi / イシバシ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-24 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2007-89 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.445 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会