お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-22 09:45
人工衛星用チャージアレイ多段階充電方式
瀬上 剛艸分宏昌清水康弘岩佐 稔岐部公一JAXAEE2007-53
抄録 (和) 衛星電源制御器小型軽量化目標に向けてチャージアレイ多段階充電方式を導入した電源回路の検討を行った。本方式は、電源制御器のバッテリ充電器が不要になり、詳細回路設計の結果、従来衛星電源制御器と比較して質量出力比で約1/2 の小型軽量化の達成が可能との見通しを得た。
一方で、チャージアレイ多段階充電制御方式は、従来の定電流定電圧充電方式に比べ充電状態が低下することがわかっている。これについて、充電状態に関する数値解析、バッテリ試験及びバッテリシミュレータによる試験を行い評価を行った。また、本方式が電池の寿命特性に与える影響についても評価を行った。各種評価結果より、本方式は、定電流定電圧充電方式と同等程度の充電が可能であり、低軌道衛星に適用可能との結論を得た。 
(英) We studied the reduction in size and weight of Power Control Unit(PCU). In the study, we focused on the weight of Battery Charge Regulator(BCR) which occupied half of the PCU’s weight. And we found the multistep charge method by charge arrays enabled the reduction of BCR. As a result, the power to weight ratio of the developed PCU had dropped by half compared with the conventional PCU.
However this method decreases the state of charge (SOC) of the battery. We did the battery test, the battery simulator test and the numerical analysis to evaluate the descent of the state of charge. And we studied the effects of this method on the life time of the battery. We concluded that the multistep charge method by charge arrays enabled to charge to the same level of the SOC compared to the conventional constant current/ constant voltage (CC/CV) charge method for the low earth orbit satellite.
キーワード (和) 衛星 / 電源制御器 / シャント / チャージアレイ多段階充電 / リチウムイオン電池 / / /  
(英) satellite / power control unit / shunt / multistep charge method by charge array / lithium-ion / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 430, EE2007-53, pp. 53-58, 2008年1月.
資料番号 EE2007-53 
発行日 2008-01-14 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2007-53

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2008-01-21 - 2008-01-22 
開催地(和) 九州大学 西新プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) 回路技術および高効率エネルギー変換技術関連,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2008-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人工衛星用チャージアレイ多段階充電方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multistep Charge Method by Charge Arrays for Space Satellite 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星 / satellite  
キーワード(2)(和/英) 電源制御器 / power control unit  
キーワード(3)(和/英) シャント / shunt  
キーワード(4)(和/英) チャージアレイ多段階充電 / multistep charge method by charge array  
キーワード(5)(和/英) リチウムイオン電池 / lithium-ion  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬上 剛 / Go Segami / セガミ ゴウ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 艸分 宏昌 / Hiroaki Kusawake / クサワケ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 康弘 / Yasuhiro Shimizu / シミズ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩佐 稔 / Minoru Iwasa / イワサ ミノル
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岐部 公一 / Koichi Kibe /
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-22 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2007-53 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.430 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EE-2008-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会