電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-17 17:25
[招待講演]モバイルWiMAXの技術動向について
齊藤民雄中村道春富士通研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モバイルWiMAXシステム(IEEE802.16e-2005)は、高速なデータ通信を移動環境でも提供可能なシステムとして注目を浴びている。モバイルWiMAXシステムは固定無線アクセスシステムとして標準化されたIEEE802.16d-2004に移動通信に必要な拡張を追加されて規定された標準化方式である。本講演では、モバイルWiMAXシステムの各種無線通信システムにおける位置づけ、使用されている技術について説明をする。また現在IEEE802.16委員会で標準化作業が進められているIEEE802.16j (Multi-hop Relay)およびIEEE802.16m(Air Interface for Fixed and Mobile Broadband Wireless Access Systems – Advanced Air Interface)の動向について報告する。 
(英) A mobile WiMAX System (IEEE802.16e-2005) is remarkable as the system that can offer high-speed data transmission in the mobile environment. The mobile WiMAX system is a extension version of IEEE802.16-2004 standard system for a fixed broadband wireless access system. In this presentation, it explains the position in various wireless communication systems of the mobile WiMAX system and applied technologies. In addition, it also explains the trends of the other standardization activities, such as IEEE802.16j (Multi-hip Relay) and IEEE802.16m (Air Interface for Fixed and Mobile Broadband Wireless Access Systems – Advanced Air Interface).
キーワード (和) WiMAX / OFDMA / 標準化 / / / / /  
(英) WiMAX / OFDMA / Standardization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 423, IN2007-127, pp. 47-52, 2008年1月.
資料番号 IN2007-127 
発行日 2008-01-10 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2008-01-17 - 2008-01-18 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) モバイルネットワーク,ユビキタスネットワークおよび一般 
テーマ(英) Mobile Network, Ubiquitous Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルWiMAXの技術動向について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Technical Trands of Mobile WiMAX Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WiMAX / WiMAX  
キーワード(2)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(3)(和/英) 標準化 / Standardization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 民雄 / Tamio Saito / サイトウ タミオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories LTD. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 道春 / Michiharu Nakamura / ナカムラ ミチハル
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories LTD. (略称: Fujitsu Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-17 17:25:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-127 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2008-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会