電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-17 14:25
確率伝搬法を用いたCDMAマルチユーザ検出アルゴリズムに関する一考察
堀井俊佑須子統太松嶋敏泰平澤茂一早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 確率伝搬法を利用したCDMAマルチユーザ検出アルゴリズムを提案する.
従来より確率伝搬法を利用したマルチユーザ検出アルゴリズムは提案されているが,
これは計算量的困難性のために確率伝搬法をさらに近似したアルゴリズムとなっている.
本研究では,ファクターグラフの構造を変えることで,
確率伝搬法を定義通りの形でマルチユーザ検出の問題に適用できることを示す.
提案するアルゴリズムは,拡散符号によって定まるファクターグラフにループが存在しない場合には,
最適なマルチユーザ検出アルゴリズムとなる. 
(英) Multiuser detection algorithms based on the belief propagation algorithm is presented.
Previously, multiuser detection algorithm based on the belief propagation algorithm was proposed however, the algorithm is the approximation of the belief propagation due to the computational complexity.
In this paper, belief propagation algorithm can be applied to the multiuser detection problems in the same way of the definition by converting the factor graph structure.
The proposed algorithm is optimum when the factor graph, which form is determined by signature sequences, has no cycles.
キーワード (和) DS-CDMA / マルチユーザ検出 / ファクターグラフ / 確率伝搬法 / / / /  
(英) DS-CDMA / multiuser detection / factor graph / belief propagation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 422, IT2007-26, pp. 7-12, 2008年1月.
資料番号 IT2007-26 
発行日 2008-01-10 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2008-01-17 - 2008-01-17 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2008-01-IT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 確率伝搬法を用いたCDMAマルチユーザ検出アルゴリズムに関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on Multiuser Detection Algorithms for CDMA based on the Belief Propagation Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DS-CDMA / DS-CDMA  
キーワード(2)(和/英) マルチユーザ検出 / multiuser detection  
キーワード(3)(和/英) ファクターグラフ / factor graph  
キーワード(4)(和/英) 確率伝搬法 / belief propagation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀井 俊佑 / Shunsuke Horii / ホリイ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須子 統太 / Tota Suko / スコ トウタ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平澤 茂一 / Shigeichi Hirasawa / ヒラサワ シゲイチ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-17 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2007-26 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2008-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会