お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-21 15:50
日本におけるVHF帯航空移動通信トラヒックの解析
北折 潤松久保裕二電子航法研)・小園 茂千葉工大SANE2007-101
抄録 (和) VHF 帯航空移動通信のうち無線電話およびACARS の通信記録から,航空移動通信の通信トラヒックに関する解析を行い,通信トラヒックの時間変動および推移,通信サイト別トラヒック比率や通信時間分布の特性等を明らかにした.中でも通信時間や通信間隔の分布に関しては,イーサネットと同様に自己相似性やベキ分布の兆候が現れていることが分かった.本稿で明らかにした各種の特性は,通信トラヒックシミュレーションをはじめとして音声通信のデータ通信への置換による負荷分散効果の評価や通信システムの配置等の効率化に有用である. 
(英) We have analyzed the logs of VHF radio telephony and ACARS to investigate features of aeronautical mobile communications traffic. Some characteristics such as fluctuation of the traffic and distribution of transmission length are obtained. The distributions of transmission length and interval have similar shape to power law distribution and the property of self-similarity. The features shown in this article are useful for traffic simulation, evaluation of load sharing and improvement of site allocation.
キーワード (和) 航空移動通信 / 無線電話 / ACARS / 通信トラヒック / ベキ分布 / / /  
(英) Aeronautical mobile communications / Radio telephony / ACARS / Communications traffic / Power law distribution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 407, SANE2007-101, pp. 37-42, 2007年12月.
資料番号 SANE2007-101 
発行日 2007-12-14 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2007-101

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2007-12-21 - 2007-12-21 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダとその応用,及び一般 
テーマ(英) Radar and its applications, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2007-12-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本におけるVHF帯航空移動通信トラヒックの解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of VHF Aeronautical Mobile Communications Traffic in Japan 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 航空移動通信 / Aeronautical mobile communications  
キーワード(2)(和/英) 無線電話 / Radio telephony  
キーワード(3)(和/英) ACARS / ACARS  
キーワード(4)(和/英) 通信トラヒック / Communications traffic  
キーワード(5)(和/英) ベキ分布 / Power law distribution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北折 潤 / Jun Kitaori / キタオリ ジュン
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松久保 裕二 / Yuji Matsukubo / マツクボ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小園 茂 / Shigeru Kozono / コゾノ シゲル
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-21 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2007-101 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2007-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会