お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-19 17:05
Markov過程の量子化を用いた確率的Lyapunov関数の構築
西村悠樹山下 裕北大NLP2007-117
抄録 (和) 本稿では,確率システムにおけるLyapunov関数を近似的に設計する新しい手法を提案する.まず,Kushnerによる有限差分近似法とMarkov過程の量子化を用いて,確率的Lyapunov方程式をSchrodinger-like方程式として近似する.つぎに,Schrodinger-like方程式の固有関数を重ね合わせた関数が,確率的Lyapunov関数の近似関数として得られる十分条件を導く.また,Schrodinger-like方程式の固有値問題は,疎行列の固有値問題と等価であることを導くことにより,提案手法が実用に供しやすい方法であることを示す. 
(英) In this paper, we propose a stochastic Lyapunov function design method using a difference approximation scheme and quantization of the Markov process. We approximate a stochastic Lyapunov equation by a Schrodinger-like equation. We obtain sufficient conditions for the stochastic Lyapunov function. The discretized stochastic Lyapunov function is obtained from the eigenvalue problem of a sparse matrix, which is generated by a Hamiltonian operator of the Schrodinger-like equation.
キーワード (和) 確率システム / Lyapunov関数 / Schrodinger方程式 / 固有値問題 / / / /  
(英) stochastic system / Lyapunov function / Schrodinger equation / eigenvalue problem / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 399, NLP2007-117, pp. 47-52, 2007年12月.
資料番号 NLP2007-117 
発行日 2007-12-12 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-117

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-12-19 - 2007-12-20 
開催地(和) 福井工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-12-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Markov過程の量子化を用いた確率的Lyapunov関数の構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stochastic Lyapunov Function Design using Quantization of Markov Process 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率システム / stochastic system  
キーワード(2)(和/英) Lyapunov関数 / Lyapunov function  
キーワード(3)(和/英) Schrodinger方程式 / Schrodinger equation  
キーワード(4)(和/英) 固有値問題 / eigenvalue problem  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 悠樹 / Yuki Nishimura / ニシムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 裕 / Yuh Yamashita /
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-19 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-117 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2007-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会