電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-19 13:50
集合打問題と接続行列に関する一考察
小林邦勝山形大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) NP完全問題である集合打問題の解法について検討する。集合打問題における集合の列とそれら集合の各要素を、グラフGの頂点と辺に対応させることにより、集合打問題はグラフGの接続行列Mで表される。接続行列Mの任意の2つの列ベクトルの内積が0になるとき、この2つの列ベクトルを互いに素と呼ぶことにすると、集合打問題に解があるか否かの判定は、互いに素な幾つかの列ベクトルの和で成分がすべて1の列ベクトルを生成できるか否かの判定と同等になる。本文では、グラフGの頂点数をn、辺の数をtとするとき、集合打問題に解が存在するか否かをnとtの多項式時間で判定するアルゴリズムを提案する。 
(英) We examine a solution of hitting set problem. By using incidence matrix M of graph G, we can decide whether hitting set problem has a solution or not efficiently.
キーワード (和) 集合打問題 / NP完全 / 接続行列 / NP=P / / / /  
(英) hitting set problem / NP complete / incidence matrix / NP=P / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 397, ISEC2007-120, pp. 55-58, 2007年12月.
資料番号 ISEC2007-120 
発行日 2007-12-12 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2007-12-19 - 2007-12-19 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2007-12-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 集合打問題と接続行列に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration on Hitting Set Problem and Incidence Matrix 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集合打問題 / hitting set problem  
キーワード(2)(和/英) NP完全 / NP complete  
キーワード(3)(和/英) 接続行列 / incidence matrix  
キーワード(4)(和/英) NP=P / NP=P  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 邦勝 / Kunikatsu Kobayashi / コバヤシ クニカツ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-19 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2007-120 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.397 
ページ範囲 pp.55-58 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ISEC-2007-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会