お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-15 16:40
個別実験を指向した学生実験支援システムの開発とその実践
荒川雄介竹川真人加藤和夫東北学院大)・佐々木 整拓殖大)・志子田有光東北学院大ET2007-68
抄録 (和) 工学系の学生実験はその専門分野を体験し、目的意識を高めるために重要な科目である。しかし学生の多様化に伴い、難解な実験書などへの追従が困難な学生が増加している。また、従来型のグループ実験による協調力の向上などの効果が必ずしも望めず、自律した学習や実験を行う能力の養成が優先と考えられる。本報告では、東北学院大学電子工学科で導入した個別実験方式とその支援システムの導入背景と構築、運用の実際などについてまとめる。 
(英) The student experiment of the engineering system is an important subject to experience the specialized field and to improve the sense of purpose. However the number of difficult students to follow book of experiment of high abstraction level are increasing. Because students are diversified. Moreover, group experiment of old model don’t expect effect of improvement of cooperation. Therefore, training of independent study and ability to experiment is priority.
In this paper, individualized experiment method in electronic engineering department in Tohoku-gakuin University is discussed.
キーワード (和) 個別実験 / 実験支援 / 学習管理システム / 学習環境 / 高等教育 / / /  
(英) Individualized Experiment Method / Experimentation Support / System For Study Management / Learning Environment / Higher Education / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 391, ET2007-68, pp. 75-80, 2007年12月.
資料番号 ET2007-68 
発行日 2007-12-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-68

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2007-12-15 - 2007-12-15 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) VR技術の教育利用/一般 
テーマ(英)
【キーワード:バーチャルリアリティ,VR酔い,IPT,コンテンツ制作,インタラクティブ学習,仮想体験学習,臨場感,没入感,立体視,教育評価,教材開発,授業実践 】
 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2007-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 個別実験を指向した学生実験支援システムの開発とその実践 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and practice of individualized learning oriented student engineering experimentation support system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個別実験 / Individualized Experiment Method  
キーワード(2)(和/英) 実験支援 / Experimentation Support  
キーワード(3)(和/英) 学習管理システム / System For Study Management  
キーワード(4)(和/英) 学習環境 / Learning Environment  
キーワード(5)(和/英) 高等教育 / Higher Education  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 雄介 / Yusuke Arakawa / アラカワ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹川 真人 / Masato Takekawa / タケカワ マサト
第2著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 和夫 / Kazuo Kato / カトウ カズオ
第3著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 整 / Hitoshi Sasaki / ササキ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 志子田 有光 / Arimitsu Shikoda / シコダ アリミツ
第5著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-15 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-68 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.391 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2007-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会