お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-15 11:40
マルチメディアに対応した発表会・展覧会を行うWebシステムの構築 ~ システム構築とアンケート評価 ~
坪倉篤志日本文理大)・松原伸人SRA先端科学技研ET2007-60
抄録 (和) 演習を伴う授業では、学習した知識や技能への知識を深める為に、演習課題を課す場合がある. 例えば,CG制作や,調査等である. これらの授業では授業の区切りに発表会や展覧会を実施する. 学習者は、この発表会や展覧会にて課題を通した他の学生と、相互情報交流として意見交換や相互比較を行い、相互情報交流から学習を行う。 本研究では発表会や展覧会を容易に実施できるWebシステムの構築を目的としている. 今回、システムを構築し実際の授業においてWeb展覧会を実施した。また利用者に対してWeb展覧会に対してアンケート調査を行った。本稿では、構築システムの報告と,利用後のアンケート評価結果について報告を行う. 
(英) Exercises involved in the class, impose a task,for learning knowledge and skill too deepen. For example, CG creation and reserch exercise. These exercise implement the presentation or exhibition. The Students are learning from the exchange of each views and the mutual comparison. In this reserch, Our first purpose is to construct the web system for The Web exhibition system. in this time, the system was constructed and when teaching it actual, the Web exhibition was executed. and , We executed the questionnaire survey. in this paper, we report about our system and questionnaire result.
キーワード (和) マルチメディアコンテンツ / 相互比較 / 学習効果 / Web展覧会 / 協調学習 / / /  
(英) Multimedia Contents / Intercomparison / Learning Effect / Web Exhibition / Collaborative Learning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 391, ET2007-60, pp. 31-36, 2007年12月.
資料番号 ET2007-60 
発行日 2007-12-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-60

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2007-12-15 - 2007-12-15 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) VR技術の教育利用/一般 
テーマ(英)
【キーワード:バーチャルリアリティ,VR酔い,IPT,コンテンツ制作,インタラクティブ学習,仮想体験学習,臨場感,没入感,立体視,教育評価,教材開発,授業実践 】
 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2007-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチメディアに対応した発表会・展覧会を行うWebシステムの構築 
サブタイトル(和) システム構築とアンケート評価 
タイトル(英) the construction about the Web exhibition or prezentation system for the Multimedia contents 
サブタイトル(英) system construction and enquate result 
キーワード(1)(和/英) マルチメディアコンテンツ / Multimedia Contents  
キーワード(2)(和/英) 相互比較 / Intercomparison  
キーワード(3)(和/英) 学習効果 / Learning Effect  
キーワード(4)(和/英) Web展覧会 / Web Exhibition  
キーワード(5)(和/英) 協調学習 / Collaborative Learning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪倉 篤志 / Atsushi Tsubokura / ツボクラ アツシ
第1著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 伸人 / Nobuto Matsubara / マツバラ ノブト
第2著者 所属(和/英) SRA先端科学技術研究所 (略称: SRA先端科学技研)
SRA Key Technology Laboratory, Inc (略称: SRA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-15 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-60 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.391 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2007-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会