電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-14 13:30
明示的な関係にある語彙の抽出
久積克年住友亮翼土屋誠司任 福継徳島大TL2007-46
抄録 (和) 本稿では明示的な関係にある語彙の抽出手法について提案する.
一般的に語彙関係の抽出には明示的な関係が抽出されていないことが多い.この原因としてアスペクトや利用目的によって関係が変化すること,人的作業が必要である特殊な辞書や学習手法が利用されていることが考えられる.しかし,知識情報システムやテキストマイニングでは利用目的に応じて明示的な関係が抽出される方が望ましい.そこで,明示的な関係の抽出のために同一文内に出現する語彙同士には関係があり,同じ語彙を含む文にはその語彙に対応する関係があるという仮定から明示的な関係にある語彙の抽出を行った.
実験では対象語彙を"火事",明示的な関係を表す語彙を"原因"として"火事-原因-X"という明示的な関係にある語彙"X"の抽出を行った.また,抽出対象とするテキストデータは一年分の新聞記事とWebページの2種類とし,新聞記事では共起頻度をWebページでは検索ヒット数を利用した関連度計算を行った.
その結果から本手法の有効性を検証し,利点と問題点について考察する. 
(英) This paper present an extraction method based on terms have the explicit relations. Usually, it is difficule to extract explicit term relations.
However, explicit relations can help us in knowledge information systems and text-mining. Therefore, we propose a method that using the following assumption. It relates to the term that appears at the same time in the same sentence. It is a relation corresponding to the term in the sentence including the same term. The proposed technique uses co-occurrence frequency and number of retrieval pages.
We did an evaluation experiment. The purposed experiment extract "X" that becomes the relation of "fire-case-X". The effectiveness of the proposed method was verified by the experiment.
キーワード (和) 明示的な関係 / テキストマイニング / 共起頻度 / 検索ヒット数 / / / /  
(英) explicit relations / text-mining / co-occurrence frequency / number of retrieval pages / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 387, TL2007-46, pp. 31-36, 2007年12月.
資料番号 TL2007-46 
発行日 2007-12-07 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2007-46

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2007-12-14 - 2007-12-14 
開催地(和) 東京工科大学 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 思考と知識検索・獲得、一般 
テーマ(英) Thought and knowledge search, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2007-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 明示的な関係にある語彙の抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extraction of the term having the explicit relation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 明示的な関係 / explicit relations  
キーワード(2)(和/英) テキストマイニング / text-mining  
キーワード(3)(和/英) 共起頻度 / co-occurrence frequency  
キーワード(4)(和/英) 検索ヒット数 / number of retrieval pages  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久積 克年 / Katsutoshi Hisazumi / ヒサヅミ カツトシ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 住友 亮翼 / Ryosuke Sumitomo / スミトモ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 誠司 / Seiji Tsuchiya / ツチヤ セイジ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 任 福継 / Fuji Ren / ニン フクツギ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-14 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2007-46 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2007-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会