電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-14 17:00
DCDAMを用いたActive Net初期位置に関する研究
難波福弥鷲見育亮鳥取環境大)・植田拓也ギャラクシー)・薮木 登津山高専)・築谷隆雄松江高専PRMU2007-155
抄録 (和) 画像認識・理解のためには,画像中から文字や人,ランドマークなど何らかの特徴を有した対象物体を抽出することは必須であり,抽出を行うための一手法としてActive Net があるが,画面全体からの目標物抽出ができるが画像端にある目標物捕捉が難しいことが挙げられ,解決手法として様々な手法が提案されている.しかし,所望の結果とは異なる結果を得ることが多々あった.本研究ではActive Net の捕捉能力向上のため,輪郭抽出手法として提案したDCDAM を用いて対象物体候補の位置推定を行い,その推定位置にActive Net を配置して,対象物体の抽出を試みた.実画像を用いたシミュレーション実験により画像端に目標物がある場合でも従来手法と比較して安定的に目標物体の抽出を行うことができた. 
(英) In order to achieve the image recognition and understanding, it is indispensable to extract the object which has some features like as the character ,the person and the land mark, etc. in the image. There is Active Net as a method to extract the target. It is a pity that it is difficult to catch the target on the image edge though it is possible to extract the target from the entire screen. So various methods or techniques are proposed as a solution of the problem. However, there are often obtained results different from ones of the desire. In this paper, in order to improve the capture ability by Active Net, we have used our proposal method DCDAM and presume the position of the candidate's object. And then we have attempted to extract the target object by arranging Active Net at the presumption position. The target was able to be extracted more stably compared with the technique so far even the case there was a target on the image edge, judging from the simulation results which used a real image.
キーワード (和) 物体抽出 / Active Net / 自己組織化マップ / DCDAM / / / /  
(英) Object Extraction / Active Net / Self-Organizing Map / DCDAM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 384, PRMU2007-155, pp. 113-118, 2007年12月.
資料番号 PRMU2007-155 
発行日 2007-12-06 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2007-155

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2007-12-13 - 2007-12-14 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) Kobe Univ. 
テーマ(和) パターン認識・メディア理解のための学習理論とその周辺 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2007-12-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DCDAMを用いたActive Net初期位置に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Active Net Initial Position Using DCDAM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物体抽出 / Object Extraction  
キーワード(2)(和/英) Active Net / Active Net  
キーワード(3)(和/英) 自己組織化マップ / Self-Organizing Map  
キーワード(4)(和/英) DCDAM / DCDAM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 福弥 / Fukuya Namba / ナンバ フクヤ
第1著者 所属(和/英) 鳥取環境大学大学院 (略称: 鳥取環境大)
Graduate School of Tottori University of Environmental Studies (略称: Graduate School of Tottori University of Environmental Studies)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲見 育亮 / Yasuaki Sumi / スミ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) 鳥取環境大学大学院 (略称: 鳥取環境大)
Graduate School of Tottori University of Environmental Studies (略称: Graduate School of Tottori University of Environmental Studies)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 拓也 / Takuya Ueta / ウエタ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ギャラクシー (略称: ギャラクシー)
GALAXY Inc. (略称: GALAXY Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 薮木 登 / Noboru Yabuki / ヤブキ ノボル
第4著者 所属(和/英) 津山工業高等専門学校 (略称: 津山高専)
Tsuyama National College of Technology (略称: Tsuyama National College of Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 築谷 隆雄 / Takao Tsukutani / ツクタニ タカオ
第5著者 所属(和/英) 松江工業高等専門学校 (略称: 松江高専)
Matsue National College of Technology (略称: Matsue National College of Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-14 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2007-155 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2007-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会