お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-14 10:45
拡張テンプレート動き検出用4画素精度ビット切り詰め型探索ユニットの設計
片野智健上念三郎佐々木敬泰大野和彦近藤利夫三重大ICD2007-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2007-132
抄録 (和) ビット幅を2 ビットに切り詰めたエッジ抽出成分の差分絶対値和に,1 ビットに切り詰めたブロック構成ラインごとの平均値の差分絶対値を併用することで探索精度の低下を抑える新たなブロックマッチング法を開発した.本稿ではこの新たなマッチング法を,ブロック間のSAD 共有率の高まる2×2 ブロック拡張の異形状拡張テンプレート併用法に組み合わせることで,1080i 対応の階層型動き検出器の一次探索部の4 画素精度探索ユニットの設計を行った.この探索ユニットはE480 個からなるPE アレイ部,その出力より拡張テンプレートごとの予測ブロックとの間の不一致度(差分絶対値和)を算出する部分和演算部,最小の差分絶対値和を検出する比較部で構成している.0.18μm 5 層メタル配線のCMOS テクノロジを用い,周波数108MHz で動作させる条件で設計したところ,実効探索並列度1当たりの面積が別途設計の3×3 ブロック拡張,ビット切り詰め無しのものに比べ65%低減された結果,全体のレイアウト面積は1.96×1.96mm2 となった. 
(英) We proposed a block matching method using bit-truncated images composed of an high frequency 2-bit component and a low frequency 1-bit component for the accurate motion estimation. Combining this matching method with an effective different extended template method in which the matching is executed between packaged neighboring blocks up to 2x2, we designed a first-stage motion estimation unit for the hierarchical HDTV(1080i)motion estimator. It is composed of a 480 PE array part, a partial sum part for SAD calculations of the extended templates and a comparing part for detection of the minimum SAD. The mask pattern layout of 1.96x1.96mm2 has been designed on the 108MHz operation condition by using
0.18μm five-layer metal CMOS technology.
キーワード (和) HDTV / MPEG2 / 動き検出 / ビットトランケーション / 1080i / / /  
(英) HDTV / MPEG2 / Motion Estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 382, ICD2007-132, pp. 71-76, 2007年12月.
資料番号 ICD2007-132 
発行日 2007-12-06 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2007-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2007-132

研究会情報
研究会 ICD ITE-CE  
開催期間 2007-12-13 - 2007-12-14 
開催地(和) 高知大学 メディアホール 
開催地(英)  
テーマ(和) デジタル・情報家電、放送用、ゲーム機用システムLSI、回路技術(一般、超高速・低電力・高機能を目指した新アーキテクチュア)」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2007-12-ICD-ITE-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡張テンプレート動き検出用4画素精度ビット切り詰め型探索ユニットの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Four-Pixel accuracy Motion Estimation Unit using Bit-Truncation for Multiple Extended Templates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HDTV / HDTV  
キーワード(2)(和/英) MPEG2 / MPEG2  
キーワード(3)(和/英) 動き検出 / Motion Estimation  
キーワード(4)(和/英) ビットトランケーション /  
キーワード(5)(和/英) 1080i /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片野 智健 / Tomotaka Katano / カタノ トモタカ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上念 三郎 / Saburo Jhonen / ジョウネン サブロウ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 敬泰 / Takahiro Sasaki / ササキ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 和彦 / Kazuhiko Ohno / オオノ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 利夫 / Toshio Kondo / コンドウ トシオ
第5著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-14 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2007-132 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2007-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会