お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-14 13:30
フロー単位とパケット単位のペイロードの類似性評価による段階的ワーム検出システム
鈴木洋平和泉勇治角田 裕根元義章東北大IN2007-114
抄録 (和) 近年,インターネットにおいて次々に新種や亜種のワームが発生しており,それらの高精度な検出を実現するための研究が盛んに行われている.筆者らはこれまでに,従来行われている文字列マッチングではなく,ペイロードの類似性を8bit毎のコードの出現確率に基づき評価する,フローペイロードの類似性に基づくワーム検出手法,およびパケットペイロードの類似性に基づくワーム検出手法を提案した.しかし,パケットペイロードの類似性に基づく手法では,検出時の計算コストが課題となっていた.そこで本稿では,この問題を解決するため,効率的な検出が可能なシグネチャの作成方法を考案する.また,フローペイロードの類似性に基づく検出手法と段階的に組み合わせた,高精度な検出システムを提案する. 
(英) Internet worms are one of the most serious threats in the Internet. For accurately detecting newly created worms, we have proposed the detection method based on not the common character strings but the similarity analysis of packet and flow payloads. Although the packet-wise analysis enables us to accurately detect worms, the high calculation cost of packet-wise analysis needs to be solved. In this paper, we propose an efficient signature generation method for reducing the cost of packet-wise analysis. In addition, we design the multi-stage worm detection system combining the flow-wise and packet-wise analysis for efficiently detecting worms.
キーワード (和) ワーム / フローペイロード / パケットペイロード / 類似性 / 不正検出 / / /  
(英) Worm / Flow payload / Packet payload / Similarity / Intrusion Detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 378, IN2007-114, pp. 91-96, 2007年12月.
資料番号 IN2007-114 
発行日 2007-12-06 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2007-114

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2007-12-13 - 2007-12-14 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) インターネットトラヒック,TCP/IP,性能解析・評価,ネットワークモデルおよび一般 
テーマ(英) Internet Traffic, TCP/IP, Network Analysis/Evaluation, Netework Model, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2007-12-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フロー単位とパケット単位のペイロードの類似性評価による段階的ワーム検出システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Multi-stage Worm Detection System by Flow-wise and Packet-wise Analysis on the Similarity of Payloads 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワーム / Worm  
キーワード(2)(和/英) フローペイロード / Flow payload  
キーワード(3)(和/英) パケットペイロード / Packet payload  
キーワード(4)(和/英) 類似性 / Similarity  
キーワード(5)(和/英) 不正検出 / Intrusion Detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 洋平 / Youhei Suzuki / スズキ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 勇治 / Yuji Waizumi / ワイズミ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 裕 / Hiroshi Tsunoda / ツノダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 根元 義章 / Yoshiaki Nemoto / ネモト ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-14 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-114 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2007-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会