電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-14 14:00
新聞記事の意見抽出のための感情語辞書の有効性に関する考察
四宮瑞穂三品賢一土屋誠司任 福継徳島大TL2007-47
抄録 (和) 社説などに代表されるように新聞記事には意見を含むものが多く存在し,その情報の重要性も高い.
我々は意見を記述するのに利用される感情表現に着目し,新聞記事の意見抽出における感情語の利用の有効性を調査した.
検証した新聞記事は新聞数社の社説とプロ野球の試合結果に関する記事である.抽出する意見は今回として肯定・否定・どちらでもないに限定している.
肯定・否定記事の単語の出現頻度に基づく単語辞書を用意し,感情語辞書を用いた手法と意見抽出精度を比較した結果,野球記事では感情語辞書のみを
用いる意見抽出法において71\%の精度が得られた.社説記事では感情語辞書を用いる手法は36\%しか得られなかったが出現頻度を用いた手法によりある程度の
精度を得る事ができた.新聞記事の意見抽出において有効な品詞についても考察している. 
(英) Opinions are included a lot of news articles such as editorial articles.
This kind of information is important for us.
We pay attention to the emotion expressions which could be used to express opinins.
Then we do a investigation on the effectiveness of opinion extraction from news articles using emotion words.
The articles employed are editorial articles from plural news companies and news on the result of professional baseball games.
Opinions are limited among "positive" and "negative" and "neutral".
We compared the precision of opinion extraction between the result using emotion word dictionary and the result using a word dictionary
which based on counting the frequency of positive and negative words.
On the news of professional baseball games the emotional dictionary method got a precision of 71\%, but on the editorial articles, the
result is only 36\%.
Which is weaker than the result of the frequencymethod.
We also studied the effective part of speech for opinion extraction from news articles.
キーワード (和) 意見抽出 / 評判抽出 / 感情語 / 新聞記事 / / / /  
(英) Extracting opinions / Extracting Reputations / Emotion word / News Articles / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 387, TL2007-47, pp. 37-42, 2007年12月.
資料番号 TL2007-47 
発行日 2007-12-07 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2007-47

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2007-12-14 - 2007-12-14 
開催地(和) 東京工科大学 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 思考と知識検索・獲得、一般 
テーマ(英) Thought and knowledge search, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2007-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 新聞記事の意見抽出のための感情語辞書の有効性に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration about the Effectiveness of the Emotion Dictionary for Extracting Opinions from News Articles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 意見抽出 / Extracting opinions  
キーワード(2)(和/英) 評判抽出 / Extracting Reputations  
キーワード(3)(和/英) 感情語 / Emotion word  
キーワード(4)(和/英) 新聞記事 / News Articles  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 四宮 瑞穂 / Mizuho Shinomiya / シノミヤ ミズホ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三品 賢一 / Kenichi Mishina / ミシナ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 誠司 / Seiji Tsuchiya / ツチヤ セイジ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 任 福継 / Fuji Ren / ニン フジ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-14 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2007-47 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2007-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会