電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-14 14:15
1次元セルオートマトンにおける同期現象
蜷川 繁金沢工大COMP2007-50
抄録 (和) 単純(1次元2状態3近傍)セルオートマトンのルール60および90において,周期境界条件下でセル数が$2^n$の場合,初期様相によらず,一定ステップ数までに全セルが0になるという現象が知られており,これをセルオートマトンにおける同期現象とよぶことにする.本論文では,セルオートマトンの様相を特性多項式で表現する方法を用て,ルール60および90における同期現象を証明する.さらに1次元2状態5近傍および,1次元2状態2r+1近傍セルオートマトンにおける同期現象についても同様の手法を用いて証明を与える. 
(英) Elementary (one-dimensional two-state three-neighbor) cellular automaton rule 60 and 90 exhibit a phenomenon in which the states of all cells become zero simulataneously by a particular time step with the array size of $2^n$ (n: posite integer) in periodic boundary conditions. We call these phenomona synchronization in cellular automata. In this paper we give these phenomena mathematical proof by means of the representation by characteristic polynomial. Furthermore, the proof of synchronization in one-dimensional two-state five-neighbor and one-dimensional two-state 2r+1-neighbor cellular automata are done using the same method.
キーワード (和) セルオートマトン / 同期現象 / / / / / /  
(英) Cellular Automaton / Synchronization / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 390, COMP2007-50, pp. 17-21, 2007年12月.
資料番号 COMP2007-50 
発行日 2007-12-07 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2007-50

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2007-12-14 - 2007-12-14 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2007-12-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1次元セルオートマトンにおける同期現象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synchronization in One-dimensional Cellular Automata 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セルオートマトン / Cellular Automaton  
キーワード(2)(和/英) 同期現象 / Synchronization  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蜷川 繁 / Shigeru Ninagawa / ニナガワ シゲル
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-14 14:15:00 
発表時間 35 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2007-50 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-COMP-2007-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会