お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-13 14:00
超音波工具ホーンの大型化
石渡昭一PS研)・神 雅彦日本工大US2007-84
抄録 (和) 超音波工具ホーンの大型化
バー型ホーンの設計に関し、アッパーブリッジを仮想ビームとして撓み振動を考察し、ビームの厚さを決定し、そのループ位置にスロットを設けることにより横振動を抑制する。また全幅の半分を、仮想ビーム中の撓み振動の半波長の整数倍近くに選ぶ。平面的拡張としてフレーム型とリング型を提案し、図心原理を用いて横振動を抑制する。これにより、縦振動変位の一様化と横振動変位の抑制効果が得られる。 
(英) Ultrasonic tool horns with large cover area
1.ultrasonic bar-type tool
The upper bridge is assumed to be a virtual beam,of which height is determined ,so that it may
resonate at given frequency and width. Slots are located at its loop position. Half of the total width
must be multiple of half wavelength of shear wave transmitting in the virtual beam.
2.ultrasonic frame -type horn, ultrasonic ring-type horn
Two dimentional expansion of cover area is achieved by introduction of " principle of center of figure".
3.Uniformity of longitudinal displacement and suppression of lateral displacement is achieved
by the above stated design procedure.
キーワード (和) 超音波工具ホーン / バー型ホーン / フレーム型ホーン / リング型ホーン / 仮想ビーム / 縦振動変位の一様化 / 横振動変位の抑制 /  
(英) ultrasonic tool horn / bar-type horn / frame- type horn / ring -type horn / virtual beam / uniform displacement / suppression of lateral displacement /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 376, US2007-84, pp. 13-17, 2007年12月.
資料番号 US2007-84 
発行日 2007-12-06 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2007-84

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2007-12-13 - 2007-12-13 
開催地(和) 東京工業大学(すずかけ台) 
開催地(英) Tokyo Inst. of Tech. (Suzukake-dai) 
テーマ(和) 強力超音波 
テーマ(英) High Power Ultrasonics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2007-12-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波工具ホーンの大型化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Develpoment of enlarged ultrasonic tools 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波工具ホーン / ultrasonic tool horn  
キーワード(2)(和/英) バー型ホーン / bar-type horn  
キーワード(3)(和/英) フレーム型ホーン / frame- type horn  
キーワード(4)(和/英) リング型ホーン / ring -type horn  
キーワード(5)(和/英) 仮想ビーム / virtual beam  
キーワード(6)(和/英) 縦振動変位の一様化 / uniform displacement  
キーワード(7)(和/英) 横振動変位の抑制 / suppression of lateral displacement  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石渡 昭一 / Sho-ichi Ishiwata / イシワタ ショウイチ
第1著者 所属(和/英) PS研究所 (略称: PS研)
PS Research (略称: PS Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神 雅彦 / Masahiko Jin / ジン マサヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-13 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2007-84 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2007-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会