電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-12-07 11:30
複数の小型マイクロホンアレーと超音波距離計測を用いた高精度話者位置推定
小林和則古家賢一羽田陽一片岡章俊NTTEA2007-88
抄録 (和) TV会議システムにおいて、マイクロホンアレーを用いたカメラ話者追従制御が行われている。しかし、従来の位置推定法では、アレーサイズが小さいときに、話者までの距離を検出することが困難であった。このため、カメラのズーム制御を正確に行うことが難しかった。本報告では、カメラ部に固定された小型マイクロホンアレーと、移動可能なマイクロホンアレーを用い、マイクロホン位置と話者位置を同時推定する方法を提案する。提案法は、カメラ部に固定されたスピーカとマイクロホン間の距離を超音波を用いて測定する。この距離情報とマイクロホン間到来時間差の両方を用いて位置推定することで、高精度な位置検出を実現する。実時間動作の位置推定システムを用いた位置推定実験では、提案法が、従来法よりも高精度で位置推定可能であることを示した。 
(英) Automatic camera steering systems by using microphone array are used in video conferencing systems. However, detecting the distance to the talker is difficult in conventional methods of estimating talker locations when the microphone array is small. For this reason, the conventional systems
could not control the zoom of camera accurately. In this report, we proposed a method of estimating microphone and talker locations by using the small microphne array settled on the camera unit and the mobile microphne array. The proposed method measures the distance between loudspeakers settled on the camera unit and microphones by using ultrasonic. The proposed method accurately estimates the locations by using the measured distances and time diffences of arraival between microphones. The experimental results with real-time estimation system demonstrated that the accuracy of estimating locations in the proposed method is much higher than that in the conventional method.
キーワード (和) マイクロホンアレー / 位置推定 / カメラ制御 / テレビ会議 / 超音波 / / /  
(英) Microphone array / Localization / Camera control / Video conference / Ultrasonic / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 370, EA2007-88, pp. 13-18, 2007年12月.
資料番号 EA2007-88 
発行日 2007-11-30 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2007-88

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2007-12-07 - 2007-12-07 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英) NHK Science & Technical Research Laboratories 
テーマ(和) 立体音響・トランスデューサ/一般 
テーマ(英) 3D-Audio, Transducers/General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2007-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数の小型マイクロホンアレーと超音波距離計測を用いた高精度話者位置推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accurate sound source localization using multiple small microphone arrays and ultrasonic distance measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロホンアレー / Microphone array  
キーワード(2)(和/英) 位置推定 / Localization  
キーワード(3)(和/英) カメラ制御 / Camera control  
キーワード(4)(和/英) テレビ会議 / Video conference  
キーワード(5)(和/英) 超音波 / Ultrasonic  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 和則 / Kazunori Kobayashi / コバヤシ カズノリ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古家 賢一 / Ken'ichi Furuya / フルヤ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽田 陽一 / Yoichi Haneda / ハネダ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 章俊 / Akitoshi Kataoka / カタオカ アキトシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-12-07 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2007-88 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2007-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会