お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-30 15:45
磁気圏編隊飛行衛星計画のための衛星間通信システムの開発
戸田知朗朴澤佐智子斎藤義文津田雄一JAXA)・冨田秀穂石丸 元ハイムテクノロジーSANE2007-91
抄録 (和) 編隊飛行衛星システムによる観測が地球磁気圏の研究に適した手段であることはよく知られている事実である。JAXAの将来磁気圏探査ミッションもこの編隊飛行衛星技術の利点を最大限に生かそうと議論を重ねてきた。SCOPEはそのミッション名であり、5機から成る探査機群が1km から1000kmの衛星間距離に至るまで協調して観測を遂行する計画である。その観測を成り立たせる基盤技術になる衛星間の通信方式として我々はS帯を用いた時分割多重方式の衛星間ネットワークを推進してきた。このミッションは衛星間通信に観測データの高速伝送のみならず、衛星間の測距、動作クロックの衛星間同期機能を持たせる要求があり、シミュレータによる実証を通じて我々の提案の要求への充足と有効性を証明した。 
(英) It’s a common knowledge that formation flight technology is a suitable method to study dynamics of plasma in the Earth magnetospheric region. JAXA’s future mission to explore the magnetotail has been discussed from the viewpoint of making the most use of formation flight advantage. SCOPE is the name of mission where 5 satellites working cooperatively with the satellite distance varied from 1km to 1000km. We have proposed S-band TDM/TDMA inter-satellite network system for SCOPE. SCOPE requires not only data exchange but also ranging operation and clock synchronization among satellites. A set of simulator was built to demonstrate important functions of our proposed system and to prove its sufficiency and suitability to formation flight missions including SCOPE.
キーワード (和) 衛星間通信 / 時分割多重方式 / 衛星間測距 / クロック同期 / 編隊飛行 / / /  
(英) Inter-Satellite Link / TDMA/TDA / Inter-Satellite Ranging / Clock Synchronization / Formation Flight / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 365, SANE2007-91, pp. 51-56, 2007年11月.
資料番号 SANE2007-91 
発行日 2007-11-23 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2007-91

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2007-11-30 - 2007-11-30 
開催地(和) JAXA (相模原) 
開催地(英) ISAS,JAXA (Sagamihara) 
テーマ(和) 宇宙探査・計測,及び一般 
テーマ(英) Sensing and measurement of space, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2007-11-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 磁気圏編隊飛行衛星計画のための衛星間通信システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Inter-Satellite Link System for Magnetospheric Formation Flight Missions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星間通信 / Inter-Satellite Link  
キーワード(2)(和/英) 時分割多重方式 / TDMA/TDA  
キーワード(3)(和/英) 衛星間測距 / Inter-Satellite Ranging  
キーワード(4)(和/英) クロック同期 / Clock Synchronization  
キーワード(5)(和/英) 編隊飛行 / Formation Flight  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 知朗 / Tomoaki Toda / トダ トモアキ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朴澤 佐智子 / Sachiko Hozawa / ホウザワ サチコ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 義文 / Yoshifumi Saito / サイトウ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 雄一 / Yuichi Tsuda / ツダ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 秀穂 / Hideho Tomita / トミタ ヒデホ
第5著者 所属(和/英) ハイムテクノロジー (略称: ハイムテクノロジー)
HIM Technology (略称: HIM)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石丸 元 / Hajime Ishimaru / イシマル ハジメ
第6著者 所属(和/英) ハイムテクノロジー (略称: ハイムテクノロジー)
HIM Technology (略称: HIM)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-30 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2007-91 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2007-11-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会