お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-30 16:10
JAXAミッションの為のアレイ構成した深宇宙通信用地上受信システム
勝本幸子創価大)・齋藤宏文戸田知朗朝木義晴竹内 央JAXA)・黒木聖司創価大)・加藤修三武蔵工大SANE2007-92
抄録 (和) 深宇宙探査機との通信にはX-bandを用いることが定められている.しかし, 帯域は既に混み合っておりX-bandの使用は徐々に困難になりつつある.そのような 状況でKa-bandを高速伝送のために使用することは魅力で,今後の 深宇宙探査には必須と言われている.宇宙航空研究開発機構の深宇宙局は 64mを擁するが,X-bandまでの対応で鏡面精度などKa-bandには使用できない. そこで,より小型のアンテナをアレイ化し64mと等価な機能を持たせ,更に Ka-bandへの対応を図る考えが生まれてきた.システムの実現性を検討するにあたり, 受信信号の位相差推定の方法が鍵となる.本稿では,これまでに調査・研究 してきた深宇宙通信用アレイ地上局のダウンリンク合成の手法について報告する. 
(英) A part of X-band is allocated for use in deep space communication, However, it is congestive yet and will be more difficult to apply for new missions. In this situation, Ka-band use as an alternative bandwidth looks attractive and necessary for coming deep space activities. Since JAXA's 64m deep space antenna has no compatibility to Ka-band, we have discussed a new system for Ka-band based on arrayed smaller aperture antennas. A key factor for its realization is a precise phase difference estimation among array's received signals. We report on how to synthesizing a downlink signal for our arrayed future deep space receiver system.
キーワード (和) 深宇宙通信 / アレイアンテナ / ダウンリンク / 位相推定 / / / /  
(英) Deep Space Communications / Antenna Arraying / Downlink / Phase Estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 365, SANE2007-92, pp. 57-60, 2007年11月.
資料番号 SANE2007-92 
発行日 2007-11-23 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2007-92

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2007-11-30 - 2007-11-30 
開催地(和) JAXA (相模原) 
開催地(英) ISAS,JAXA (Sagamihara) 
テーマ(和) 宇宙探査・計測,及び一般 
テーマ(英) Sensing and measurement of space, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2007-11-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) JAXAミッションの為のアレイ構成した深宇宙通信用地上受信システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Antenna Arraying System of Deep Space Ground Stations for JAXA Missions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 深宇宙通信 / Deep Space Communications  
キーワード(2)(和/英) アレイアンテナ / Antenna Arraying  
キーワード(3)(和/英) ダウンリンク / Downlink  
キーワード(4)(和/英) 位相推定 / Phase Estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝本 幸子 / Sachiko Katsumoto / カツモト サチコ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 宏文 / Hirobumi Saito / サイトウ ヒロブミ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 知朗 / Tomoaki Toda / トダ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝木 義晴 / Yoshiharu Asaki / アサキ ヨシハル
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 央 / Hiroshi Takeuchi / タケウチ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒木 聖司 / Seiji Kuroki / カトウ シュウゾウ
第6著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 修三 / Shuzo Kato / クロキ セイジカトウ シュウゾウ
第7著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: MI-Tech)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-30 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2007-92 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2007-11-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会