お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-29 16:05
動画像中からの人物の正面顔抽出
大矢将史小杉 信向井信彦武蔵工大IE2007-97
抄録 (和) 監視用などに使われているのは通常, 低解像度カメラであり, この場合は画面内に写る人物は小さくなることが多い. そこで本稿では, 低解像度のカメラ映像からHaar-like特徴をAdaboost学習した顔検出器を用いるとき, 抽出しうる人物正面顔の最小サイズの検討を行う. この顔検出器は原理的に抽出サイズの最小値が決まっているが, これを原画サイズに適用すると当初の最小サイズの顔抽出は困難であること, しかし, 対象画像を拡大することで当初の最小サイズの顔抽出が可能となるのみでなく, さらに原画サイズ相当では検出器の限界以下となる顔が抽出しうることを示す. 
(英) As a low-resolution camera is commonly used for monitoring, person’s size in an image becomes very small. In this paper, a face detector based on Adaboost with haar-like feature is used for a low-resolution image, and the minimum size of a frontal face that can be extracted is investigated. The minimum size to be detected by this face detector is theoretically clear from the size used for learning, however, this minimum face can’t be extracted when the face detector is just applied to an original image. So we show that face extraction of the expected size and of a smaller size than the limit of the detector becomes possible by enlarging the original image.
キーワード (和) 低解像度画像 / Haar-like特徴 / 識別器 / 顔検出 / / / /  
(英) low-resolution image / haar-like feature / face detector / face detect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 358, IE2007-97, pp. 41-46, 2007年11月.
資料番号  
発行日 2007-11-22 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2007-97

研究会情報
研究会 IE ITE-BCT ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2007-11-29 - 2007-11-30 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) 高精細画像の処理・表示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-AIT 
会議コード 2007-11-IE-ITE-BCT-ITE-ME-ITE-CG 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動画像中からの人物の正面顔抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Frontal face extraction in video image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 低解像度画像 / low-resolution image  
キーワード(2)(和/英) Haar-like特徴 / haar-like feature  
キーワード(3)(和/英) 識別器 / face detector  
キーワード(4)(和/英) 顔検出 / face detect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大矢 将史 / Masashi Oya / オオヤ マサシ
第1著者 所属(和/英) 武蔵工業大学大学院 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 信 / Makoto Kosugi / コスギ マコト
第2著者 所属(和/英) 武蔵工業大学大学院 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai / ムカイ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) 武蔵工業大学大学院 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-29 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-AIT 
資料番号 IEICE-IE2007-97 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.358 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2007-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会