お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-29 16:30
全方位カメラを用いた人物追跡
今 栄一郎小杉 信向井信彦武蔵工大IE2007-98
抄録 (和) 周囲360度の視野情報をもつ全方位カメラを用い,極座標映像のまま人物の追跡を試みた.まず影の影響を受けにくいHSV値を用いて背景差分を行ない,極座標系の半径・方位情報を利用して人物領域を抽出した.次いで,前フレーム情報を用いた移動予測を行い,オクルージョンがない場合,標準画像(640×480)ではカメラから半径約8mの距離まで,また高解像度画像(1280×960)では半径約20mまで追跡可能であることを確認した. 
(英) A method of tracking a person in an image by a omnidirectional sensor, which is based on the polar coordinate system, is investigated. In order to extract person’s regions from the image, background subtraction using HSV value, which is not so influenced by shadow, is first applied. Next, each person’s region is described by radius and direction information on polar coordinate system. Then, movement prediction with the previous frame information is performed. Consequently, when no occlusion is occurred, for standard image (640x480) persons existing within the distance of 8 m from a camera, and for high-resolution image (1280x960) persons within the distance of 20 m, can be traced, respectively.
キーワード (和) 画像処理 / 画像認識 / 全方位カメラ / 人物追跡 / / / /  
(英) Image Processing / Image Recognition / Omnidirectional Sensor / Person Tracking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 358, IE2007-98, pp. 47-52, 2007年11月.
資料番号  
発行日 2007-11-22 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2007-98

研究会情報
研究会 IE ITE-BCT ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2007-11-29 - 2007-11-30 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) 高精細画像の処理・表示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-AIT 
会議コード 2007-11-IE-ITE-BCT-ITE-ME-ITE-CG 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全方位カメラを用いた人物追跡 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Person Tracking Using Omnidirectional Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像処理 / Image Processing  
キーワード(2)(和/英) 画像認識 / Image Recognition  
キーワード(3)(和/英) 全方位カメラ / Omnidirectional Sensor  
キーワード(4)(和/英) 人物追跡 / Person Tracking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今 栄一郎 / Eiichirou Kon / コン エイイチロウ
第1著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi-tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 信 / Makoto Kosugi / コスギ マコト
第2著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi-tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai /
第3著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi-tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-29 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-AIT 
資料番号 IEICE-IE2007-98 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.358 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2007-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会