お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-27 10:30
[ポスター講演]ダイレクトコンバージョン型OFDM受信機におけるDCオフセット及び周波数オフセット存在下のIQインバランス推定法
稲森真美子アナス ムハマド ボスタマン眞田幸俊慶大)・南 英城ソニーSR2007-54
抄録 (和) ダイレクトコンバージョン型 OFDM 受信機は端末の柔軟性,廉価性や電力消費軽減の面で優れているが,
DC オフセット,周波数オフセット及び IQ インバランスの影響を受ける.そこで本研究では,ダイレクトコンバー
ジョン型 OFDM 受信機における DC オフセットおよび周波数オフセット存在下での IQ インバランス推定法を提案す
る.提案法はプリアンブルシンボルを利用し,IQ インバランスを簡易な演算によって推定する.本研究では,提案
法を無線 LAN 規格 IEEE802.11a/g で規格化するパケット構成に従いシミュレーションにより評価している.シミュ
レーション結果から,本研究で提案する IQ インバランス推定法は DC オフセット及び周波数オフセット存在下でも
IQ インバランスを推定および補正できることを示した. 
(英) OFDM direct conversion architecture gives flexibility and reduces cost and power consumption. How-
ever, it may suffer from DC offset, frequency offset, and IQ imbalance. This report presents a IQ imbalance
estimation scheme for OFDM direct conversion receivers. The proposed IQ imbalance estimation scheme works
in the presence of DC offset and Frequency offset. The proposed scheme employs three preamble symbols and
calculates IQ imbalance with 2nd order equation. Evaluation of the presented estimation scheme is carried out
on an OFDM communication system designed to the specifications of the IEEE 802.11a/g standard for WLANs.
Numerical results through computer simulation show that the proposed frequency offset estimation scheme works
well even with large DC offset, Frequency offset, and IQ imbalance.
キーワード (和) ダイレクトコンバージョン / OFDM / DCオフセット / 周波数オフセット / IQ Imbalance / トレーニング信号 / /  
(英) Direct Conversion / OFDM / DC Offset / Frequency Offset / IQ Imbalance / Training Sequence / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 352, SR2007-54, pp. 55-61, 2007年11月.
資料番号 SR2007-54 
発行日 2007-11-19 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-54

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2007-11-26 - 2007-11-27 
開催地(和) 広島国際大学 
開催地(英) Hirishima international univ. 
テーマ(和) コグニティブ無線、パネル討論、一般(E2RII共催) 
テーマ(英) Cognitive radio session. panel session and general session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイレクトコンバージョン型OFDM受信機におけるDCオフセット及び周波数オフセット存在下のIQインバランス推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) IQ Imbalance Estimation Scheme in the Presence of DC offset and Frequency Offset for OFDM Direct Conversion Receivers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイレクトコンバージョン / Direct Conversion  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) DCオフセット / DC Offset  
キーワード(4)(和/英) 周波数オフセット / Frequency Offset  
キーワード(5)(和/英) IQ Imbalance / IQ Imbalance  
キーワード(6)(和/英) トレーニング信号 / Training Sequence  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲森 真美子 / Mamiko Inamori / イナモリ マミコ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) アナス ムハマド ボスタマン / Anas Muhamad Bostamam / Anas Muhamad Bostamam
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 英城 / Hideki Minami / ミナミ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-27 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-54 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.55-61 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2007-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会