お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-27 10:30
[ポスター講演]コグニティブ無線における無線環境情報の推移とその予測可能性に関する一検討
金子尚史野本真一植田哲郎野村眞吾竹内和則KDDI研SR2007-51
抄録 (和) 周囲の無線環境の認識結果に基づき,複数の無線メディアの中から最適な無線メディアにて通信を行うコグニティブ無線では,正確に無線環境を認識することが重要である.しかしながら,無線環境は時々刻々変化するため,現時点の無線環境情報のみでは,誤った無線メディア選択を行う可能性がある.本課題に対処するため,筆者らは,無線環境の予測に着目し検討を行っている.本稿では,無線環境情報としてチャネル占有時間を用い,そのチャネル占有時間時系列の推移とその予測可能性について,様々な地点で取得したキャプチャデータを基に検討を行った.その結果,チャネル占有時間時系列が0.1を越える場合がある時は,ホットスポットやオフィス街といった場所に関係なく,予測可能性があることがわかった.また,チャネル占有時間時系列のトレンドが0.1を越える期間が長い場合,その長期依存性が高くなることが分かった. 
(英) This paper presents an experimental verification of the relation between the transition of radio resource availability and its prediction possibility in cognitive radio. In this paper, cognitive radio is defined as wireless communication technology in which each node communicates via an optimal wireless system based on recognition of radio resource availability in heterogeneous wireless communication systems. Therefore, it is important to be able to accurately recognize radio resource availability. However, these conditions vary all the time. Under such circumstance, the cognitive radio node could select a non-optimal wireless system. The authors focus on the prediction of radio resource availability to address the above subject. In this paper, the authors focused on IEEE802.11 and radio channel occupation time, which is calculated from packet length and the transmission rate, is used as radio resource availability. We verified the relation between the transition of radio resource availability and its prediction possibility based on the wireless LAN data captured in various real environments. From the results of the verification, when channel occupation time is greater than about 0.1, it is possible to predict the channel occupation time value independent of locations where wireless LAN data are captured. Furthermore, in the case where the time periods when the trend of the channel occupation time series exceeds 0.1 is long, the time series has a higher long-range dependence.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 無線環境情報 / 予測 / Hurst指数 / 長期依存性 / / /  
(英) Cognitive radio / radio resource availability / prediction / Hurst parameter / long-range dependence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 352, SR2007-51, pp. 35-41, 2007年11月.
資料番号 SR2007-51 
発行日 2007-11-19 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-51

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2007-11-26 - 2007-11-27 
開催地(和) 広島国際大学 
開催地(英) Hirishima international univ. 
テーマ(和) コグニティブ無線、パネル討論、一般(E2RII共催) 
テーマ(英) Cognitive radio session. panel session and general session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線における無線環境情報の推移とその予測可能性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Verification of the Relation between the Transition of Radio Resource Availability and its Prediction Possibility in Cognitive Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) 無線環境情報 / radio resource availability  
キーワード(3)(和/英) 予測 / prediction  
キーワード(4)(和/英) Hurst指数 / Hurst parameter  
キーワード(5)(和/英) 長期依存性 / long-range dependence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 尚史 / Shoji Kaneko / カネコ ショウジ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Laboratories Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野本 真一 / Shinichi Nomoto / ノモト シンイチ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Laboratories Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 哲郎 / Tetsuro Ueda / ウエダ テツロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Laboratories Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 眞吾 / Shingo Nomura / ノムラ シンゴ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Laboratories Inc.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 和則 / Kazunori Takeuchi / タケウチ カズノリ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Laboratories Inc.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-27 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-51 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.35-41 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2007-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会