お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-27 15:15
コグニティブ無線における非対称な広帯域伝送を考慮した局間ビームスイッチング方式の一検討
今田諭志樫木勘四郎野原光夫KDDI研SR2007-62
抄録 (和) 筆者らはコグニティブ無線の一適用として,複数の無線リンクによる周波数資源共用のために,局間リンクへの無線ビームスイッチングの適用を提案し,そのトラヒック特性の解析を進めている.今回,無線リンクとしてより現実的,効率的な運用が期待される広帯域無線としてモバイルWiMAX伝送方式に着目し,その高速伝送速度,並びに上下リンク伝送容量の非対称性を含めたモデル化を実施し,評価を行った.また災害時の基地局間ネットワーク展開等で適用される多段接続を想定し,その拡張されたリンク構成に対しても評価を行った.これらを通じ,いずれの場合も狭帯域・固定割当よりも広帯域・ビームスイッチング割当のほうが,条件によっては高い伝送特性を得られることを確認した. 
(英) The authors have considered applying cognitive radio for an efficient use of frequency resource over multiple radio links. They have proposed a beam switching scheme to radio links among inter-base stations, and analyzed its transmission performance. This time, they have extended their evaluation to accommodate mobile WiMAX transmissions as realistic and efficient broadband radio communications. In this paper, the transmission characteristics of inter-base station beam switching are evaluated, assuming a broadband and asymmetric transmission of up- and down-link. Furthermore, the evaluations are extended to some cascaded topologies applicable for disaster relief deployment. Obtained results show that a beam switching of a broadband transmission has better transmission performance than a fixed capacity assignment of a narrowband transmission depending on conditions in those basic and cascaded cases.
キーワード (和) コグニティブ無線 / ビームスイッチング / 基地局のリンク共用 / 非対称な広帯域伝送 / 周波数有効利用 / / /  
(英) Cognitive Radio / Beam Switching / Link Capacity Sharing / Asymmetric Broadband Transmission / Efficient Use of Frequency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 352, SR2007-62, pp. 105-111, 2007年11月.
資料番号 SR2007-62 
発行日 2007-11-19 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-62

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2007-11-26 - 2007-11-27 
開催地(和) 広島国際大学 
開催地(英) Hirishima international univ. 
テーマ(和) コグニティブ無線、パネル討論、一般(E2RII共催) 
テーマ(英) Cognitive radio session. panel session and general session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コグニティブ無線における非対称な広帯域伝送を考慮した局間ビームスイッチング方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Inter-Base Station Beam Switching Considering Asymmetric Broadband Transmission in Cognitive Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) ビームスイッチング / Beam Switching  
キーワード(3)(和/英) 基地局のリンク共用 / Link Capacity Sharing  
キーワード(4)(和/英) 非対称な広帯域伝送 / Asymmetric Broadband Transmission  
キーワード(5)(和/英) 周波数有効利用 / Efficient Use of Frequency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今田 諭志 / Satoshi Imata / イマタ サトシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野原 光夫 / Mitsuo Nohara / ノハラ ミツオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-27 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-62 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.105-111 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2007-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会