お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-27 09:00
非優先システムのための送信電力制御型周波数共用方法
藤井啓正吉野 仁NTTドコモSR2007-48
抄録 (和) 異なる優先度を持つ複数のシステムが混在する環境下において,同一及び隣接周波数帯の共用方法を提案する.提案方式では,優先されるシステムの受信機の状況に応じて,送信電力を適応的に制御する.さらに,本稿では,提案方式を用いた場合に非優先システムが達成可能な通信容量の理論解析を示す.また,従来方式として,送信電力を一定とし隣接システムに影響を与えない場合にのみ送信を開始する方式を取り上げ,提案方式との比較を行う.結果より,提案方式では,想定する環境において従来方式の1.5から2倍の通信容量を達成可能であることを示す. 
(英) A spectrum sharing method is proposed for the systems which share the same frequency band or adjacent bands with different priorities. The proposed method adaptively controls transmission power according to information offered by high-priority system receivers. We give theoretical capacities achieved by low-priority systems when the proposed method and a conventional method are applied. As for the conventional method, a low-priority terminal is assumed to use constant transmit power and starts its transmission if it does not interfere high-priority systems. Numerical results confirm that the proposed method attains 1.5-2 times larger capacity than the conventional method.
キーワード (和) 周波数共用 / 通信容量 / システム間の優先度 / / / / /  
(英) spectrum sharing / achievable capacity / system priority / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 352, SR2007-48, pp. 15-20, 2007年11月.
資料番号 SR2007-48 
発行日 2007-11-19 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-48

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2007-11-26 - 2007-11-27 
開催地(和) 広島国際大学 
開催地(英) Hirishima international univ. 
テーマ(和) コグニティブ無線、パネル討論、一般(E2RII共催) 
テーマ(英) Cognitive radio session. panel session and general session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非優先システムのための送信電力制御型周波数共用方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spectrum Sharing by Adaptive Transmit Power Contorl for Low Priority Systems and its Achievable Capacity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数共用 / spectrum sharing  
キーワード(2)(和/英) 通信容量 / achievable capacity  
キーワード(3)(和/英) システム間の優先度 / system priority  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 啓正 / Hiromasa Fujii / フジイ ヒロマサ
第1著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 仁 / Hitoshi Yoshino / ヨシノ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-27 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-48 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2007-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会