お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-27 10:30
[ポスター講演]コグニティブ無線のための高貢献度端末探索手法
安田浩人藤井威生電通大SR2007-55
抄録 (和) 近年、コグニティブ無線に関する研究が盛んである。コグニティブ無線は周囲の無線環境をもとに適応することで帯域利用時のプライマリユーザへの影響を減らすことができる。これをマルチホップ通信と組み合わせることで送信電力を絞り周波数共用が行いやすくなる。しかしマルチホップ通信を行う場合プライマリユーザの状況に応じた中継端末の再選択はネットワークへの負荷が大きい。そこで予め各端末における貢献度を判定することで選択される端末を絞り込む手法を提案する。さらにプライマリユーザの状況に応じて貢献度の再定義を行うことで更なる効率化を目指す。シミュレーションにより提案手法の有効性を確認した。 
(英) In these days, research of cognitive radio is active. Cognitive radio can reduce affection for primary users by adapting parameters based on surrounding environment. By combining with multi-hop communication, smaller power consumption and effective spectrum sharing is expected. But reselection of intermediate nodes put heavy load for network. Then we propose contribution ratio to pick out nodes. In addition to this, we also propose a reconfiguration method according to primary user’s utilization. We verified proposed system by performing computer simulation.
キーワード (和) コグニティブ無線 / マルチホップ通信 / 貢献度 / / / / /  
(英) Cognitive Radio / Multi-hop Network / Contribution Ratio / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 352, SR2007-55, pp. 63-69, 2007年11月.
資料番号 SR2007-55 
発行日 2007-11-19 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2007-55

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2007-11-26 - 2007-11-27 
開催地(和) 広島国際大学 
開催地(英) Hirishima international univ. 
テーマ(和) コグニティブ無線、パネル討論、一般(E2RII共催) 
テーマ(英) Cognitive radio session. panel session and general session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2007-11-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) コグニティブ無線のための高貢献度端末探索手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Contribution Node Selection for Cognitive Radio Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) マルチホップ通信 / Multi-hop Network  
キーワード(3)(和/英) 貢献度 / Contribution Ratio  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 浩人 / Hiroto Yasuda / ヤスダ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-27 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2007-55 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.63-69 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2007-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会