電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-26 14:05
共生コンピューティングに基づく子供達の見守り支援システムの設計
富岡健治藤田 茂渡邊悠介千葉工大)・今野 将小田原 亨内海哲史東北大)・菅原研次千葉工大)・白鳥則朗東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) GPS等の位置情報を利用して子供の見守りを支援するシステムが複数存在するが,
これまでのところ,複数の子供達の関係を利用して,
子供の状況を把握し保護者に通知するシステムは提案されていない.
本研究では,現実世界の情報を取り込み,
それらの関係性を自律的にモデル化して動作する
共生コンピューティングの概念モデルに基づいて設計されている,
「子供達の見守り支援システム」の設計について述べる. 
(英) Though two or more systems that support watch over child by using
the location information such as GPS exist.
But now, system that does understand child's situation and notifies
the guardian by using that relation of plural children is not proposed.
In this research, information on the real world is taken,
and designed "Support system of watching over children"
design is described on the conceptual model of the symbiosis computing
that models the relation between them autonomous and operates.
キーワード (和) エージェント / ユビキタス / 共生コンピューティング / / / / /  
(英) Agent / Ubiquitous / Symbiotic Computing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 353, AI2007-17, pp. 35-40, 2007年11月.
資料番号 AI2007-17 
発行日 2007-11-19 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2007-11-26 - 2007-11-26 
開催地(和) 関西学院大学東京丸の内キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin University, Tokyo Marunouchi Campus 
テーマ(和) 情報社会のデザイン:InterSocietyと実世界アプリケーション 
テーマ(英) Designing IT Society: InterSociety and Real-world Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2007-11-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共生コンピューティングに基づく子供達の見守り支援システムの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design for Watch over Children Support System based on Symbiotic Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エージェント / Agent  
キーワード(2)(和/英) ユビキタス / Ubiquitous  
キーワード(3)(和/英) 共生コンピューティング / Symbiotic Computing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富岡 健治 / Kenji Tomioka / トミオカ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 茂 / Shigeru Fujita / フジタ シゲル
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 悠介 / Yusuke Watanabe / ワタナベ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今野 将 / Susumu Konno / コンノ ススム
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田原 亨 / Toru Odawara / オダワラ トオル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 哲史 / Satoshi Utsumi / ウツミ サトシ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 研次 / Kenji Sugawara / スガワラ ケンジ
第7著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 白鳥 則朗 / Norio Shiratori /
第8著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-26 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2007-17 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.353 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2007-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会